英語が話せなくても全く問題ないラスベガスのカジノ

ラスベガスでカジノを楽しむために英語力は必要か?という質問を散見します。今回は、これをテーマにお話を進めていきます。

■英語が喋れなくても普通に遊べる

タイトルや見出しに記載した通り、英語が全く喋れなくてもカジノで遊ぶことができます。実は筆者自身も初めてのラスベガスでは、全く英語が喋れませんでした。遊べる範囲は制限されますが、十分、ラスベガスのカジノを楽しむことができたほどです。もっというと、ビギナーズ・ラックもあってか、このときの旅費分ぐらいは勝つことができました。

では、どうやって英語を喋らずに遊んだのかというと、スロットなど機械を相手にして遊んだからです。スロットの場合、チップに交換する必要がなく、ドル紙幣をそのまま使うことができます。また、勝った分を換金するときも銀行ATMのような機械が各カジノの到るところに併設されているため、それを使用するだけです。例えば、スロットの場合は、バーコードの記載された紙が出てくるので、これをATM機に読み込ませるだけで現金に交換ができます。こちらも、直感的に操作することができるため、英語力は全く必要ありません。

■テーブル系も全く問題なく遊べる

とはいえ、やはりカジノで遊ぶのであれば、ポーカーやブラックジャックなどのテーブル系の遊びもしたいものです。こちらは、ヒアリングでき片言のカタカナ英語が喋られる程度の英語力があれば問題ありません。ただし、ルールはしっかりと理解しているという前提条件が必要です。どちらかというとルール理解の方が重要です。

中でもオススメしたいのはルーレットです。単純にチップをテーブルに記載されている数字、図柄の上に置くだけのルールのため、非常に簡単です。ルールが簡単ということは、喋る言葉も単純化されるため、ヒアリングもしやすいです。意味も直ぐに理解できます。少し挑戦してみたいなという人は試してみるとよいでしょう。

■カジノによっては日本語にも対応

全てがそうなっているわけではありませんが、日本語に対応したカジノも存在します。日本語が喋ることができるスタッフが在中しているケースがあったり、丁寧に日本語で遊び方が記載されていたりと様々です。例えば、先程触れたテーブル系の遊び方も日本語で記載されたルール冊子が配られていたりします。どのタイミングで、どのような発言をすればよいのかなども詳しく記載されています。

また、チップを交換するときも丁寧に日本語でガイドラインが記載されており、一読すれば簡単に理解できるほどです。ただチップ交換に関しては、直感的に理解することができますし、スタッフもプロなので、そのままドル紙幣を渡せば勝手に交換もしてくれます。片言のカタカナ英語で「マネー!チェンジ!」で全然通じるため、身構えずリラックスして応対してみてください。

■当然…英語が喋れた方がもっと楽しめる

英語が喋れなくてもヒアリングができなくても、ラスベガスのカジノを楽しむことは間違いなくできます。ただ、やはり多少は喋れた方が、さらにラスベガスを楽しむことができます。ルールを知り受け答えができるだけで遊びの幅が一気に広がるわけです。これが意味することは、ラスベガスという観光地を思いっきり楽しむことができるということです。つまり、英語が喋れた方が、より深い楽しむ方ができます。

さらに、ポーカーなどのテーブルで遊んでいると、隣の人とコミュニケーションを取りたくなるときもあります。また、ディーラーとプレイヤーの駆け引きを見て聞いて楽しむこともできます。こういった人と人との繋がりも1つの醍醐味だということです。コミュニケーションを取ることが日頃から苦ではない場合は、ぜひ挑戦をして欲しいところです。世界が変わりますよ。

 

 

気軽に簡単に遊べるラスベガスのカジノ

ラスベガスのカジノは、実は凄く気軽に遊べる場所とご存知ですか?

それこそ、日本のゲームセンターに入って遊ぶというぐらいの感覚で楽しむことができます。

■現金があればサクッと遊べる

ラスベガスのカジノのお話をしていると、よく耳にするのが「現金をチップに交換するとき英語が喋れないから怖い」という声です。確かに初めてだったり、英語が喋れなかったりすると、大きな不安だと思います。しかし、安心してください。チップに交換しなくても普通に遊ぶことができます。つまり現金で遊ぶことができるというわけです。

最たる例がスロットになります。日本のパチンコ店に設置されているスロットではなく、ゲームセンターに置いてあるような自動でリールが停止するようなスロットです。現金を投入する口が用意されているので、そこにドル紙幣を入れるだけです。これで遊べてしまうため、チップ交換の不安はありません。

■いたるところにあるカジノがある

ラスベガスにあるカジノは至る場所に点在しています。メインストリートを歩いていれば数え切れないぐらい出てきます。知名度の高いカジノ(フラミンゴ、ベラージオ、ベネチアン)など、少し移動をすれば次から次へと目に入ってくるのです。それだけカジノがあるため、人の出入りも非常に多いです。言い方を換えると、出入りが多いということは「入りやすいし出やすい」というハードルが低いことが理解できます。

そもそも、ラスベガスの空港にもスロットが設置されており普通に遊ぶことができるほどです。「飛行機の待ち時間が暇だな…だったらスロットでもして遊んでおくか」と、これくらいのノリで遊ぶことができます。ここからも、ラスベガスのカジノは気軽に簡単に遊ぶことができることを理解できます。

■混雑していないから気が楽

とにかく多くのカジノが点在しており、何処でも遊べてしまうため、混雑とは無縁です。また各カジノ店の中にも多くのスロットが設置してあったり、テーブルが用意されていたりと、遊べるキャパシティが半端なく多いのもラスベガスカジノの特徴になります。例えば、スロットの島が丸々席の空いていることもザラにあります。映画やドラマなどの1シーンを見ると人が多く混雑しているイメージがありますが、全くそんなことはないので誤解しないようにしましょう。

日本人は真面目気質のため、混雑しているとどうしてもゆっくりできないと感じてしまいます。その結果、カジノを敬遠してしまう人も多いかもしれません。繰り返しになりますが、全く混雑しておらず順番待ちをしているということは、ほぼほぼありません。もちろん人気の高いカジノだったり、イベントを実施しているカジノだったりは多少混雑することもあります。が、それでもストレスを感じるほどではありません。

■一般的なカジノ店は普通に入れる

ホテルに併設されているカジノや空港にあるカジノは、いわゆるドレスコードはありません。ジーパンや半ズボンにサンダルという格好でも入ることができ普通に遊ぶことができます。注意されることもありません。イメージとしては、日本にあるゲームセンターに入っていくようなものです。もちろん度が過ぎるのはNGです。正直の範囲内の格好をして遊ぶことが大前提です。

また、高額な掛け金で遊ぶ場合は、ドレスコードが指定されていることもあります。これに加えてイベントや大会なども同様です。ケース・バイ・ケースのため、遊びに行く場所とルールによって確認をする必要はあります。ただ普通に観光しにラスベガスに足を運び、ちょっと体験したいな程度であれば、全く気にする必要はありません。かくいう私も初めてのラスベガスは、ジーパンにスニーカー、そしてジャージを羽織ってスロットで遊んでいました。

 

知れば知るほど楽しくなる!テキサスホールデムの戦略や考え方

テキサスホールデムは世界で注目されているポーカーの一つで、今では日本でも楽しまれています。基本的にプレイヤー同士の戦いとなるゲームで、世界大会が開催されるほどのゲーム性の奥深さが、多くの人を魅了しているのでしょう。ゲーム性や戦略について紹介していきます。

■テキサスホールデムとはどんなゲーム?

テキサスホールデムは、ポーカーの種類の一つです。例えば、日本ではドローポーカーといって、5枚の手札から不要なカードを捨て、処分した枚数だけ山札からカードを持ってくる事で手役を狙います。もちろん、その間に何度かプレイヤー同士のベットによる駆け引きが行われます。

対してテキサスホールデムは、各自の手札がたったの2枚から始まるポーカーです。手役を構成するのに必要な残りのカードは、場に並べられる最大5枚のカードによって補完し、自身の手札2枚と場のカード5枚の組み合わせによる手役でプレイヤー同士が競います。ベットのタイミングは最大4回あり、その駆け引きにより勝負するポーカーです。

テキサスホールデムはドローポーカーと違い、手札の交換がありません。つまり、チップの掛け方、あるいはゲームからの降り方など、ベットの緩急でのみ、戦略を組み立てる必要があるのです。もちろん手札の良し悪しなど運要素も強いですが、シンプルなゲーム性とは裏腹に、とても奥深い戦い方があるポーカーでもあるでしょう。

■勝率や相手の手を読んで戦う

テキサスホールデムは手札はたったの2枚、場に配られるカードは最大5枚です。一見して少ない2枚の手札ですが、最初に配られるこの手札は、その時のゲームの勝敗を大きく左右します。例えば自分と相手の二人での勝負でJと7の組み合わせの場合、その組み合わせのみだけで純粋に計算した場合、勝率やおおよそ50%と考えられます。

約50%と考えると2回に1回は勝てる計算ではありますが、例えば最初のベットで相手が大きくレイズしてきた場合、自身の手札より強い組み合わせを持っている可能性が高いと考えて良いでしょう。さらに今は一対一で考えましたが、プレーヤーが自分を含め4人や5人と複数いるテーブルだった場合、先ほどのJと7で勝負を挑むのは現実的ではなくなってくるでしょう。

しかしこのゲームはドローポーカーではありませんので、カードの交換によって手の内が読まれる事はありません。むしろ自分からあえて大量のチップを積み上げる事により、強い手札なんだと圧力をかける事も可能です。チップの動きや雰囲気で相手を揺さぶるのもまた、テキサスホールデムの醍醐味でしょう。

■オッズを考慮した戦いを

テキサスホールデムは、自分の手札が良ければ前進し、悪ければ後退するというようなシンプルなゲーム性ではありません。オッズという概念を意識した戦い方も知っておくと良いでしょう。場に置かれているポットの総額と、自身がゲームを続けるための投資額を比較する必要があります。

大まかな例えにしますと、自分はあと1枚くればフラッシュもしくはストレートのような手役が完成する状況とします。しかしその状況でポットが積み重なっていたり、相手からのレイズを受ける立場にいたりすると、いくらあと1枚で勝率の高い手役ができるとしても、レイズに乗るかどうかは微妙なところです。なぜならそのリスクに対してレイズに乗っかるのは「割に合わない」可能性があるからです。つまり、今おかれている状況が自分にとって有利なのか、はたまた不利な状況なのかを判断する必要がテキサスホールデムにはあります。それは手札を配られた段階から考える必要があるものです。オッズに合う勝負しかしてはいけないという事ではありません。もちろん自分にとって有利な状況だけで勝負する方が文字通り有利ですが、それではチップが目減りしていく可能性もあります。このようなチップの枚数を加味した上で、押し引きについて考えていくのがテキサスホールデムの醍醐味でもあります。まずはルールを覚え、より深い戦略的な部分を学んでみてはいかがでしょう。

海外カジノでギャンブルではなく娯楽として楽しむコツ

海外カジノに対して、ギャンブルという印象を受けている方は多いと思います。確かに海外カジノはギャンブル要素のあるアミューズメント施設ではありますが、娯楽として楽しむ事も可能です。純粋に観光地として遊びたいという方は、無理にリスクの伴う遊び方をする必要はありません。

■予算を決めて遊ぶ

海外カジノで遊ぶ際、十分に気をつけなければいけない事の一つに、必要以上に負けてしまう事です。当然ですが、お金がある限り海外カジノでは遊び続ける事が出来ます。ギャンブルという性質が絡む以上、負けたお金を取り戻そうという考えが頭をよぎってしまう事があるでしょう。取り返すために賭けるという事をしていると、気づいた頃には手持ちのお金がなくなってしまったという事もありえます。

そこで、娯楽として海外カジノを楽しむコツとしてはやはり、予算を決めて遊ぶ事でしょう。当然といえば当然ですが、予算を決めれば使ったお金が基準に到達したらやめれば良いだけの事です。それには強い自制心が求められる事ではありますが、厳しければそもそもの手持ちを遊んで良いだけのお金にしておくのも良いでしょう。ただ、海外カジノによってはクレジットカードでチップを購入する事が可能です。くれぐれも遊ぶ事を目的とするならば、海外カジノにクレジットカードは持ち込まない事をおすすめします。

■コンプを楽しむ

海外カジノについて調べていると「コンプ」という単語を目にした事はないでしょうか。これはComplimentary、つまり無料を意味する事で、多くのカジノでは顧客サービスといった意味合いで提供されているものです。

例えばコンプにはどのようなものがあるか例をあげますと、通常ですとカジノホテルの宿泊料が200ドルだったとしても、半額以下で泊まれるようになるといった割引をしてもらえます。パック旅行で宿泊費をあらかじめ払っている人に関しては、食事やその他のキャッシュバックで恩恵を受けられます。

コンプの種類や質はカジノによって大きく異なりますので、どのようなサービスがあるのか具体的に知りたい方は、目的のカジノについて調べてみると良いでしょう。

コンプはプレイヤーズクラブと言われる会員制度があり、その会員制度に入会し、その上でカジノでの実績に応じて様々なコンプを受けられるようになるのです。当然、実績が良ければ良いほど、上質なサービスを受けられます。ギャンブルではなく、適度にカジノで遊んで、コンプを楽しむというのもまた、海外カジノの楽しみ方の一つでしょう。

■ミニマムベットの安いゲームを中心に遊ぶ

カジノで用意されているゲームの種類は様々です。有名なものをあげると、バカラ、ブラックジャック、ルーレット、スロット、ポーカーなどがあげられますが、どのゲームに対しても設定されているのがミニマムベットです。

ミニマムベットは、そのゲームをプレイするのに必要な最低レートの事を示しています。例えばブラックジャックのミニマムベットが20ドルと決まっている場合、一回の賭け金に日本円にして約2,000円ほど必要になるという意味があります。

予算にもよりますが、一度のゲームで2,000円を賭けるというのは高いと感じる人が多いでしょうし、そのレートで数時間遊べば、展開によってどれだけお金が必要になるのか図りしれません。

そこで純粋にカジノを楽しむのに大切なのは、ミニマムベットの安いゲームで遊ぶという事です。また、ミニマムベットはカジノによって設定が異なっていますので、遊びやすいレートで用意されているカジノへ行くのもコツです。

かといって安いレートのゲームばかり選んでいると、やってみたいゲームがいつまでたっても出来ません。少し高いゲームでもやってみたい場合は、例えば上限を日本円にして1万円と決めて遊んでみるなど、自分の中で金額を設定する方が良いです。

カジノは、チップを賭けてお金を増やすだけが楽しみではありません。その雰囲気や、純粋にゲームとして楽しむ事もできますので、お金をあまりかけずに楽しむ方法も考えられてみると良いでしょう。

手持ちが少なくてもカジノで楽しめるゲームと立ち回り

カジノというと、手持ちに余裕が無ければ全く遊べないという印象を持っている人も多いかと思います。しかし実際にはそうとも限りません。うまく立ち回れば例え手持ちが少なかったとしてもカジノで楽しむ事ができますので、その考え方について紹介していきます。

■掛け金が少なくて済むゲームから始める

カジノにはルーレットやポーカー、スロットマシンなど、様々なゲームが用意されています。そのどれに対しても共通しているのは、掛け金が必要である事です。そして、ゲームによって掛け金の違いがあります。

カジノによってミニマムベットは異なりますが、例えばルーレットのインサイドベットですと、2.5ドル程度で遊べるところがあります。しかし、ルーレットのインサイドベットは当選確率が低い賭け方ですし、1箇所掛けても当たるのは難しいでしょう。

ただ、このようにゲームによってミニマムベットがお店のルールで決まっているため、知らずにミニマムベットが高いゲームに手を出さなければ、手持ちが少なくても不安になる事はありません。

■レートの安い国で楽しむ

カジノはゲームによってミニマムベットが分かれていますが、国によってレートも違います。例えばカジノという事で有名なのはラスベガスやマカオなどがあげられるでしょう。例えばマカオですが、入場料が無料となっているところが多く、観光として非常に立ち寄りやすい印象があるかもしれません。

しかし、ターゲットが中国の富裕層となっているため、他の国に比べるとややレートが高い傾向があり、安いカジノであってもミニマムベットが100香港ドルほどあるようです。つまり、日本円にするとミニマムベットは約1,500円という事になるため、これですと手持ちがあまりに少ないと気軽に遊べるところではなくなってしまうでしょう。

また、カジノで楽しむために立ち回るコツとして、平日に遊びに行く事をおすすめします。基本的にカジノは土日が混みやすく、そして土日になると平日に比べてミニマムベットが高くなっている事もあるのです。賭け事としてがっちり勝負したいのであれば土日でも問題はないでしょうが、楽しむ事を目的とするならば、土日はあまりおすすめできません。観光で海外に訪れているのであれば、平日にカジノで遊ぶ方が金額的には安く済みます。もちろん、レートが異なるだけで、土日でゲーム性に関しては変わりません。空いている方が自由にゲームに参加しやすくもありますので、手持ちが少ない方にとってカジノは平日の方がおすすめといえます。

■手持ちとカジノのミニマムベットを確認しておく

カジノに遊びに行くと決まれば、ある程度予定を立てられるかと思います。今ではインターネットで検索すれば、目的のカジノのミニマムベットなどを簡単に調べられます。そこで、カジノの雰囲気を感じたり、軽く遊んだりする事を目的とするならば、予算とカジノのミニマムベットを確認しましょう。

例えば、カジノでブラックジャックを遊びたい場合、ミニマムベットを調べます。仮に1回あたり25ドル必要だとしたばあい、4回ミニマムベットで遊んだら100ドル、日本円にして約1万円かかるという事になります。

もちろんこれは4回全て負けてしまった場合の単純計算ですが、どれくらい遊びたいのか各ゲームに対して上限と予算を決めておけば、例え手持ちが少なくてもそれぞれのゲームの雰囲気を楽しめます。そしてプレイ回数が少ないからといって勝てない訳ではありませんし、まずこのやり方ですと予算以上に負ける事はありません。

せっかくカジノに遊びにきているのに節約ばかりですと気分が乗らないという事もあるかもしれませんが、派手に遊びすぎると簡単にまとまったお金を失ってしまうところでもあります。

カジノは富裕層向けのゲームを置いているところが多くなっているため、あまり手持ちが少なすぎる状況では、何回もプレイする余裕はありません。観光目的であれば、必要最低限楽しめるような立ち回りを計画されるのをおすすめします。

ドローポーカーとテキサスホールデムのルールやゲーム性の違い

ポーカーと聞くと、どのようなルールを想像されるでしょうか。日本ですと、「ドローポーカー」と「テキサスホールデム」が有名なのではないかと思われます。ポーカーをやってみたいけど何が違うか分からないという方もいるかと思いますので、それぞれのルールや違いを紹介します。

■ドローポーカーのルール

ドローポーカーは、日本国内では有名なルールですし、それなりに馴染みのある方もいるのではないでしょうか。しかし海外ではドローポーカーはマイナーなルールであると言われる事もあります。

基本的にはより強いハンドを作るのを目指すゲームで、ポーカーでおなじみの手役「ワンペア」「ツーペア」「スリーカード」「ストレート」「フラッシュ」「フルハウス」「フォアカード」「ストレートフラッシュ」「ロイヤルストレートフラッシュ」などがあります。ローカルルールとしてジョーカーを含めて「ファイブカード」といったルールもあるようです。

チップや駆け引きについてはさておき、ドローポーカーの特徴としては、最初の手持ちが5枚、ベットを終えてから最大5枚までカードを交換する事ができ、捨てた枚数だけ山札からカードを引き、より強い手役を作るというルールです。ローカルルールでは交換回数を2回といったように決めて遊ばれる事もあるようですが、公式には1回交換が一般的です。。

■テキサスホールデムのルール

テキサスホールデムは、日本はもちろん、世界的に有名なポーカーのルールの一つで、カジノで採用されているなど、世界で最も認知されているポーカーのルールといって良いのではないでしょうか。

テキサスホールデムのルールはドローポーカーと違い、それぞれの持ち札が「2枚」からゲームがスタートします。手札2枚と、場に並べられる5枚のカードの組み合わせで、強い手役を目指すという流れになります。手役に関してはドローポーカーと同様ですが、違いとしては場に並べられる5枚のカードは、参加者共通の手札の扱いになっている事です。

ベットをするタイミングは、各自に2枚のカードが配られた時、場に3枚のカードを並べられた時(フロップと呼びます)、場に4枚目のカードが置かれた時(ターンと呼びます)、そして最後に5枚目のカードが場に置かれた時(リバーと呼びます)です。ポーカーのルールとしてはこれが基本的なところになります。

■ドローポーカーとテキサスホールデムの共通点や違い

ドローポーカーとテキサスホールデムのルールにおいて、まず共通点としては基本的なポーカーのルールとしての手役です。手役の種類や優劣に関して違いはありません。違いとしては様々ですが、例えばドローポーカーとテキサスホールデムでは、ベットのタイミングが違います。そもそもテキサスホールデムの場合はフロップ・ターン・リバーという形で三段階に共通のカードが場に配られるというルールの違いがあるため、ベットのタイミングも異なっているのはなんらおかしくはありません。

また、それぞれのルールでゲームとしての戦略や考え方も異なるでしょう。ドローポーカーの場合、どの手札を不要として交換するのか考えなければなりませんし、だからといって5枚全て交換したり、逆に1枚も交換しなかったりすると、それはそれで相手に情報として与えてしまいます。

対してテキサスホールデムは、自身の手札は2枚で、交換はできません。場のカードも山札から順番に配られるため、大切なのはベットによる押し引きや駆け引きがメインになります。レイズで圧力をかけたり、しっかり引く時は引いたりと、定石や自身の考え方など何を重視するかによってゲームの展開が変わってくるため、その人の性格が色濃く表れるルールとも言えるのではないでしょうか。

ルール的にはどちらも難しい事はありませんので、初心者も手軽に始められるカードゲームといえるでしょう。より戦略的な部分を考えるようになり、楽しさが増してきますので、ぜひ興味を持った方のポーカーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

カジノの定番のポーカーゲームで押さえておきたいマナーとは!?

カジノのテーブルゲームの中でも定番のカードゲームの一つにポーカーゲームがあります。ポーカーに参加する際、いくつか暗黙の了解ともいえるようなマナーがあります。もしマナー違反しているとディーラーに怒られたり、退出を求められたりすることもあり得ます。

カジノ場ではテーブルがいくつも置かれていて、そこでディーラーとプレイヤーが勝負しています。ルーレットやカードゲームなどいろいろな種類の遊びがラインナップされていますが、その中でも高い人気を誇るのがポーカーゲームです。今度カジノに行ってポーカーを楽しみたいと思っている人に、いくつか押さえておきたいマナーがあります。

Show one show allを忘れずに

ポーカーのマナーの中でしばしば指摘されるのが「Show one show all」です。ポーカーゲームにおけるトラブルの中でも最も多いのがこれだといわれているほどです。直訳すると「一人に見せたら全員に見せるべし」という意味です。つまり自分のハンドを他人のだれか一人に見せたのであれば、すべてのプレイヤーに見せないといけないということです。ハンドを明らかになるとプレイスタイルが判明して、その後の勝率などで不公平の生じる恐れがあるからです。特に友達と一緒にテーブルに着いたときに、友人につい自分のハンドを見せてしまいがちです。しかしこれがトラブルのもとになりえます。最悪の場合、カジノ場の主催者から退出するように求められることもあるほどです。

もし友達などにカードを見せた場合、ディーラーがそれを見つけると本当に「Show one show all」といいます。もし指示に従わないと皆さんのハンドをディーラーは取り上げ、プレイヤー全員にさらされるでしょう。

他人のやり方に口を挟まない

そのほかには他人のプレイにあれこれ言わないこともマナーです。ポーカーは別に自分がプレイしなくても、周りで見学できます。この時に「これはブラフだ」とか「そこはレイズだろ」みたいに絶対に言わないことです。自分がプレイしたときのことをイメージしましょう。他人に自分のプレイについてああだこうだ言われると決して気分は良くないはずです。中には「どうせ海外だから日本語で何を言ってもわからない」と思っている人もいるかもしれません。しかし日本に住んだことのある外国人や日本人が含まれているとも限りません。何か思った時には自分の心の中にしまっておくべきです。

テーブルの見学や観察をするのは先ほども言ったように構いません。でも例えばプレイヤーの後ろに回って長居するのは避けたほうがいいです。みられている方は「自分のカードを盗み見しているのではないか?」と怪しむからです。

ブラインドに注意

ポーカーゲーム初心者が注意しなければならないのは、ブラインドです。ブラインドとは強制ベットの一種です。カジノゲームに参加する際には、自分のチップを出して勝負します。カードが配られる前にチップを出さないといけません。これはディーラーのポジションによって、ブラインドを出すプレイヤーが決まってきます。基本的にディーラーの向かってすぐ左にいる2人のプレイヤーがブラインドの支払い対象です。

もし自分の出番が来たなと思ったら、すぐにチップを出すように心がけましょう。カジノはお金がかかっているため、プレイヤーの多くはできるだけ早くプレイを進めたいと思っています。このためブラインドのようなあらかじめ掛け金を出すことが決まっているものは、すぐに出してほしいというのが本音です。実際ネットの体験談を見ると、ブラインドを出し忘れていたことでディーラーに叱られたという方も見られます。

勝ったらディーラーにチップを渡すのがスマート

最後にポーカーのテーブルから離れる際には、ディーラーにチップを渡しましょう。このチップは、必ずしも支払うべきものではありません。負けているときは支払う必要はないでしょう。ただしもし買って少しでも利益が出れば、ディーラーにチップを払うのがエチケットですし、紳士的なプレイヤーと思われます。額については特段こだわる必要はないです。気持ち程度でも別に何ら問題はありません。現金はもちろんのこと、チップでそのまま支払っても差し支えありません。

韓国カジノで遊ぶための基礎知識をマスターしよう!

日本の隣国である韓国を訪れる日本人観光客はかなり多いです。その中には、カジノを楽しむために訪れる方も多いでしょう。韓国は比較的ドレスコードなども厳しくなく、カジュアルに気軽に楽しめるところが魅力の一つです。

語学力の心配はなし

韓国はカジノもいくつかあって、隣国ということで日本人観光客も遊んでいる光景をしばしば見かけます。ところで海外でカジノを楽しむにあたって、言葉の問題が気になる方も多いでしょう。しかし韓国でカジノを供するにあたって、それほど語学力を心配する必要はないです。大手のカジノホテルなどを見てみると、日本語の話せるディーラーを用意しているところも結構あるからです。特にソウル市にあるカジノの場合、日本語を含んだいくつかの外国語をマスターしているディーラーを用意している場合も少なくありません。ただしすべてのところで日本語対応しているわけではないです。簡単な会話なら英語で話せるようにしておいた方が安心です。現地の韓国語オンリーというところはまず見かけません。

ドレスコードは厳しくない

カジノをするにあたって、ドレスコードについて気になるという方もいるでしょう。例えばヨーロッパの場合、結構厳しく服装をチェックする傾向があります。しかし韓国の場合、そこまで気にする必要はないです。ラフでカジュアルな格好で楽しんでいるお客さんも結構見られます。旅行で出歩くときにふさわしい服装であれば、まず店員から呼び止められることはないです。ただし一部カジノの場合、ラフな格好をNGとしているところも見られます。もし心配であれば、スタッフに前もって確認するといいです。いかさまなどの不正行為を行っている人がいないか、監視カメラなどでチェックしています。このため、顔の確認のできないサングラスを館内で着用することは禁止されていることも多いですから、注意が必要です。

数万円から10万円程度あれば十分

カジノに興ずるにあたって、どの程度の予算を想定しておけばいいかも気になるところです。韓国の通貨はウォンですが、このウォンは日本円と比較するとかなり安いです。多少変動はするものの、大体1円で10ウォンが相場と思っておくといいです。カジノにはそれぞれのゲームで、最小レートが設定されているものです。韓国の場合、大体スロットで500ウォン、最も高レートのバカラが5万ウォンといわれています。5万ウォンといっても日本円で5000円程度です。このため、1万円もあればいろいろなゲームに参加でき現地のカジノを十分満喫できます。10万円くらい用意できれば、多少高レートのゲームでも積極的に参加できるはずです。

カジノ内禁煙が原則

韓国のカジノで注意しなければならないこととして、禁煙がベースである点があげられます。タバコを吸っていると煙が出て、ほかのプレイヤーの迷惑になる恐れがあるからです。ただし禁煙所として別のスペースを用意していたり、一部カジノ場では喫煙のできるテーブルゲームを設置している場合もあります。愛煙家の方はこのマナーはきちんと守ることです。

極力荷物は持たないこと

カジノゲームに参加するのであれば、手ぶらで来店することをお勧めします。手荷物を持っていると、それを隠れ蓑にしていかさまもできてしまうからです。また大きな荷物を持っているとほかのお客さんの迷惑にもなりかねません。財布やパスポート、カギ、スマホくらいあれば十分ですから、カバンを持つ必要はないです。どうしてもというのであれば、ショルダーバック程度のサイズのものに必要なものを入れて、カジノ場に向かうことです。そのほかにもしカジノを興じた後で外出する、外出先から戻ってギャンブルを楽しみたければ、入り口のところのクロークがあります。どうしても大きな荷物を持って移動しなければならなければ、こちらで荷物を預けるといいです。しかしできればホテルの客室に荷物は置いて、必要最低限の身軽な状態でゲームを楽しむのがおすすめです。初心者の中には、クロークに荷物を預けて、そのことを忘れて返してもらわずに部屋に戻ってしまうケースも見られます。

近年注目のベトナムでカジノを楽しむにあたっての気をつける事は!?

東南アジアの中でも近年日本人観光客が増えているスポットにベトナムがあげられます。ベトナムにはいろいろな観光スポットがありますが、カジノも大都市を中心にいくつかあります。ディーラーがいなくて基本ビデオゲーム方式であるのが特徴です。

東南アジアは日本から比較的近く手軽に行けるということで人気です。その中でもベトナムは人気上位に来ることが多いです。この地域の中でもベトナムは比較的治安がいいといわれていて、日本人でも安心して滞在できます。ベトナム国内ではハノイやホーチミンをはじめとした大都市中心で、カジノが営業されています。ベトナム国内でカジノを楽しむ場合に注意すべきことについて、以下でまとめてみました。

ベトナムにはディーラーがいない?

ベトナムのカジノはディーラーが原則いないところが他国と大きく異なる特徴です。このためスロットゲームがメインです。バカラやブラックジャックなどのテーブルゲームも用意されていますが、マシン相手のプレイになります。ディーラーがいないということはチップを渡す必要がないです。日本人にはチップを渡す文化がないので戸惑うことが多いですが、ベトナムであればそのような心配をする必要がないです。ミニマムベットも安く設定されている傾向があるため、少ないお金で気軽に遊べるのが魅力です。カジノエリアで換金することも可能ですが、レートが悪いですからほかのところで両替するのをお勧めします。両替所は空港のほかにも街中にいくつもあります。観光ついでに両替しておくといいでしょう。ベトナムの通貨であるドンのほかにもアメリカドルでプレイが可能です。

21歳からカジノOK

ベトナムでカジノを行う場合には年齢制限にまずは注意です。基本的には21歳からを対象にしていますが、一部18歳からでもゲームに参加できる施設も見受けられます。またベトナムの場合、基本外国人専用となっていますから入場する際にはパスポートを持参しなければなりません。カジノに遊びに行く場合にはパスポートを忘れずに持っていくことです。

入店の際に会員登録の勧誘をされる場合もあります。会員登録は任意で、手続きしなくても遊ぶことはできます。会員になるとイメージとしては日本のポイントカードのような感じで、たくさんお金を使用すると会員ランクが上がっていくシステムになっています。ランクアップすればするほど、利用できるサービスが増えます。もし定期的にベトナムを訪れカジノに興じたいと思っているのなら、会員登録しておいて損はないでしょう。

ドレスコードは厳しくない

カジノに入るにあたって、ドレスコードを設定しているところもあります。ただしベトナムの場合、それほど厳しいルールはありません。カジュアルな服装であっても入店を断られることはまずないでしょう。ただしビーチサンダルのようなものだと、入場を拒否される恐れがあります。外出するときに恥ずかしくない格好で出かければ、まず服装でとがめられることはないはずです。あと監視カメラを使って不正が行われていないかどうかチェックしています。このため、帽子やサングラスを着用して入場すると怪しまれるかもしれません。帽子やサングラスを外して入場するように心がけましょう。

そのほかカジノの内部では撮影は原則禁止です。これはベトナムに限ったことではありません。隠し撮りをした場合でも見つかればNGですから、怪しまれないためにもカメラなどは持っていかないほうがいいです。ベトナムでは飲食も無料で行えます。ただし一切プレイに参加しないままで飲食をするのはマナー違反と考えられています。きちんとお金を出して楽しんでから、飲食を楽しむように心がけましょう。

おすすめのカジノは?

いくつもカジノ場がありますが、その中でもおすすめなのがベガスクラブ@カラベルホテルです。こちらには日本人スタッフが常駐している点が、日本人にとっては安心ポイントです。何かわからないことがある、トラブルが発生した場合でも気軽にスタッフに質問できますから語学力に自信のない方にはお勧めといえます。

初めての海外カジノ・実際に遊ぶまでの流れ

海外のカジノでテーブルゲームに参加するためには、チップが必要です。チップはテーブルに現金を置くとディーラーがチップと交換してくれます。チップを現金に換金する際には、Casherというところに持っていくと交換してもらえます。

 

カジノにはいろいろなゲームが用意されています。その中でも人気なのはポーカーやバカラなどのテーブルゲームです。こちらに参加する際にはチップでベットします。チップへの換金方法は海外カジノを楽しむ前に把握しておくべきです。

まずはチップへの換金

まずチップに換金するためには、日本円は当然のことながら使えません。現地の通貨に交換する必要があります。これは銀行や両替に行けば交換してくれます。カジノ内でも換金できるところもあるにはありますがお勧めできません。概して手数料を高めに設定しているため、余計にコストを負担しなければならないからです。

現金とチップの換金方法はそんなに難しくはありません。手持ちの現金をテーブルに置きます。するとディーラーがその金額に合わせてチップを差し出してくれます。この時注意したいのは、手渡ししないことです。もし手渡しするとディーラーが換金ではなく、自分へのチップと勘違いしてしまう恐れがあるからです。金額によってチップの色が変わります。一般的に最も小さな単位はブルーチップで1ドルです。その後金額が大きくなると5ドルのレッド、25ドルのグリーン、100ドルのブラック、500ドルのパープル、1000ドルのイエロー、5000ドルのブラウンと続きます。そして最大はオレンジチップで2万5000ドルを交換すると手に入ります。

賭け金には制限が設けられている

チップが手に入れば、あとはテーブルゲームに参加してベットするだけです。この時一つ注意すべきことは、ベットできる金額についてです。テーブルによって掛け金の最低額と最高額が決められています。テーブルのどこかに表示されているはずですから、自分の予算に合ったゲームを見つけましょう。ちなみにMinimumBetとは「最低賭け金」でMaximumBetが「最高賭け金」を意味します。

賭けるタイミングは?

賭けるタイミングがわからないという人もいるでしょう。これはディーラーの方できっかけを出してくれます。この合図かほかのプレイヤーがお金をかける時を見計らって自分も一緒に参加しましょう。もしいったんチップを出したら、そのゲームが終了するまではチップに一切触れてはいけません。最終的にどこに張るか決めてからチップをテーブルの上に置きましょう。もしゲームに負ければ、自分の出したチップはディーラーによって回収されます。勝てばベットしたチップが戻ってくるほかにも倍率に応じた報酬が手に入ります。もしゲームから降りたいと思ったら、テーブルから離れればいいです。この時ディーラーに対してチップを払うのがマナーですので、忘れないようにしましょう。いくら支払うかについては、勝ち負けによって変わります。もし勝てなかった場合には、1~5ドル程度で十分です。大きく勝った場合には利益の10~20%程度が目安です。特に勝利した場合にチップをディーラーに渡すのは暗黙のルールといわれていますから気をつけましょう。ただしあまりにディーラーの対応や態度に不満を感じた場合には、無理に渡す必要はありません。現金のほかにもカジノチップで代用することも可能です。無言でも別に構いませんが、「It’s for you.」もしくは「Thank you!」といった一言を添えるとスマートです。

ドリンクが提示されたら?

テーブルゲームに興じていると、ソフトドリンクやアルコールの提供されるのが一般的です。ホールスタッフが館内をうろうろしているので飲み物が必要なら、彼らに合図を出すとドリンク類を持ってきてくれます。ドリンクは無料ですが、スタッフに対してチップを渡すのも忘れないようにしましょう。この場合には1ドルなど現地の最小単位の紙幣を渡せば十分です。

カジノから出る際にはチップを現金に戻す必要があります。現金からチップへはテーブル上でも可能でしたが、その逆は無理です。館内に「Casher」というところがあるはずです。そこで稼いだチップを持っていくと相応する現金と交換してくれます。