初めての海外カジノ・実際に遊ぶまでの流れを紹介

海外のカジノでテーブルゲームに参加するためには、チップが必要です。チップはテーブルに現金を置くとディーラーがチップと交換してくれます。チップを現金に換金する際には、Casherというところに持っていくと交換してもらえます。

 

カジノにはいろいろなゲームが用意されています。その中でも人気なのはポーカーやバカラなどのテーブルゲームです。こちらに参加する際にはチップでベットします。チップへの換金方法は海外カジノを楽しむ前に把握しておくべきです。

 

 

まずチップに換金するためには、日本円は当然のことながら使えません。現地の通貨に交換する必要があります。これは銀行や両替に行けば交換してくれます。カジノ内でも換金できるところもあるにはありますがお勧めできません。概して手数料を高めに設定しているため、余計にコストを負担しなければならないからです。

現金とチップの換金方法はそんなに難しくはありません。手持ちの現金をテーブルに置きます。するとディーラーがその金額に合わせてチップを差し出してくれます。この時注意したいのは、手渡ししないことです。もし手渡しするとディーラーが換金ではなく、自分へのチップと勘違いしてしまう恐れがあるからです。金額によってチップの色が変わります。一般的に最も小さな単位はブルーチップで1ドルです。その後金額が大きくなると5ドルのレッド、25ドルのグリーン、100ドルのブラック、500ドルのパープル、1000ドルのイエロー、5000ドルのブラウンと続きます。そして最大はオレンジチップで2万5000ドルを交換すると手に入ります。

チップが手に入れば、あとはテーブルゲームに参加してベットするだけです。この時一つ注意すべきことは、ベットできる金額についてです。テーブルによって掛け金の最低額と最高額が決められています。テーブルのどこかに表示されているはずですから、自分の予算に合ったゲームを見つけましょう。ちなみにMinimumBetとは「最低賭け金」でMaximumBetが「最高賭け金」を意味します。

賭けるタイミングがわからないという人もいるでしょう。これはディーラーの方できっかけを出してくれます。この合図かほかのプレイヤーがお金をかける時を見計らって自分も一緒に参加しましょう。もしいったんチップを出したら、そのゲームが終了するまではチップに一切触れてはいけません。最終的にどこに張るか決めてからチップをテーブルの上に置きましょう。もしゲームに負ければ、自分の出したチップはディーラーによって回収されます。勝てばベットしたチップが戻ってくるほかにも倍率に応じた報酬が手に入ります。もしゲームから降りたいと思ったら、テーブルから離れればいいです。この時ディーラーに対してチップを払うのがマナーですので、忘れないようにしましょう。いくら支払うかについては、勝ち負けによって変わります。もし勝てなかった場合には、1~5ドル程度で十分です。大きく勝った場合には利益の10~20%程度が目安です。特に勝利した場合にチップをディーラーに渡すのは暗黙のルールといわれていますから気をつけましょう。ただしあまりにディーラーの対応や態度に不満を感じた場合には、無理に渡す必要はありません。現金のほかにもカジノチップで代用することも可能です。無言でも別に構いませんが、「It’s for you.」もしくは「Thank you!」といった一言を添えるとスマートです。

テーブルゲームに興じていると、ソフトドリンクやアルコールの提供されるのが一般的です。ホールスタッフが館内をうろうろしているので飲み物が必要なら、彼らに合図を出すとドリンク類を持ってきてくれます。ドリンクは無料ですが、スタッフに対してチップを渡すのも忘れないようにしましょう。この場合には1ドルなど現地の最小単位の紙幣を渡せば十分です。

カジノから出る際にはチップを現金に戻す必要があります。現金からチップへはテーブル上でも可能でしたが、その逆は無理です。館内に「Casher」というところがあるはずです。そこで稼いだチップを持っていくと相応する現金と交換してくれます。

小資金で大きく勝てるパーレイ法の特徴と注意点

パーレイ法は、賭け金で勝った配当を全部上乗せして次に賭ける方法です。小資金で賭けられる方法ですが、一度負けると今まで得た利益を全て失います。そのために、パーレイ法を使うならば、いつ止めるか、賭け金の管理をどうするかという資金管理が重要です。

 

 パーレイ法とは?

カジノの中でも、ルーレットはポピュラーなゲームです。最低ベット金額が低いので、遊びやすいゲームと言えます。ルーレットの戦略はいくつも考え出されてきましたが、その中の1つがパーレイ法です。

 

パーレイ法は逆マーチンゲール法とも言われており、名前が示すようにマーチンゲール法とは逆のベットシステムとなっています。ベット方法としては、最初にいくらベットするか決めて、その資金のみを使います。マーチンゲール法のように多額の資金を用意しなくても、遊べる方法です。ベットして勝てば、勝った金額分を上乗せしてさらに次のゲームでベットします。勝った配当分を全て次のゲームに上乗せして賭けるので、連勝すれば大きな利益を獲得できます。またどこかで負けたとしても、失うのは1ゲーム目ににベットした金額のみです。場合によっては、小資金で大きな利益を得られます。

 

ルーレットは、カラーベットやダズンベットなど、どの部分に賭けるかでも倍率が違います。当たりやすい方が連勝して大きく賭けやすいので、パーレイ法では通常2の倍率の場所に賭けていきます。

 

実践手順

実際に赤と黒のカラーベットで、パーレイ法を使うとどうなるか見てみましょう。資金として1ドル用意し賭けていくとします。赤と黒であれば、配当は賭け金の2倍です。

 

1、最初に1ドル赤か黒に賭ける

2、勝った場合、次のゲームで赤か黒に2ドル賭ける

3、勝った場合、次のゲームで赤か黒に4ドル賭ける

4、勝った場合、次のゲームで赤か黒に8ドル賭ける

5、勝った場合、次のゲームで赤か黒に16ドル賭ける

 

ルーレットの2の倍率に賭けてパーレイ法を使うと、このように自分のお金は2倍ずつ増えていきます。1ドルから始めれば、5連勝で31ドル、10連勝で1023ドルも手に入ります。もしもどこかで負けたとしても、失うのは1ドルのみです。もちろん、1ドルからではなく、10ドルでも100ドルからでも、好きな金額から始められます。

 

 パーレイ法の注意点

小資金で連勝すれば、用意した資金の何倍もの利益が得られる戦略がパーレイ法です。ただし、連勝後に1度でも負ければ、今までの利益を全て失います。連勝して100ドルでも1000ドルでも獲得しても、次のゲームで負ければそのお金を失うのです。このために、何ゲームも続けて、配当で得たお金を全て賭け金に回すのは無謀な戦略と言えるでしょう。

 

ルーレットにしても、永遠に勝ち続けることはあり得ません。パーレイ法を使うにしても、いつ止めるのか引き時を見極めるのが重要と言えるでしょう。連勝して勝つ確率は、2連勝だと50%、5連勝だと3.125%、10連勝だと0.09%になります。ちなみにルーレットの0を考慮すると、確率はさらに低いです。ただ人間は機械ではないので、調子の良いときと悪いときがあります。ゲームの並や流れもあるので、これらを見極めて、調子よく勝ち続けられるときに連勝するのが良いです。

 

 パーレイ法での資金管理の考え方

パーレイ法を使うなら、最初に何ゲーム連勝したら止めると決めるのも良い戦略です。ルーレットでも勝ち続けることはないので、いつかは負けてしまいます。調子が良ければ多めに、調子が悪いとすぐ止めるのも1つの手です。または、何連勝したら、賭け金を1ゲーム目と同じ金額に戻すという考え方もあります。この方法であれば、連勝すればある程度の利益を保持しながらも、さらにゲームを続けられます。負けても、確保した分の利益はなくなりません。

 

さらには、ゲームで勝ったら、配当の半分は利益に回し、残りの半分をベットに回して

賭けていく方法もあります。例えば、2ドルから始めて、2の倍率にベットし、勝ったら配当は4ドルで、そのうち利益となる2ドルの半分の1ドルだけベットに回すのです。パーレイ法でも、いくつかの資金管理の考え方があり、人によって適した管理方法も違います。

韓国はカジノ天国?!韓国でのカジノの遊び方

韓国は日本から一番近いカジノができる国で、15以上のカジノが点在しています。

韓国のカジノはラスベガスとは違い年齢制限は18歳未満となっており、それぞれの国によってルールが異なります。

ここでは韓国のカジノの遊び方やルールについてまとめていきます。

カジノと聞くと、ラスベガスやマカオなどのイメージを抱かれている方が多いでしょう。

しかし実はお隣韓国ではカジノが盛んに行われています。

わざわざ、ラスベガスなどに行かなくても手軽に韓国でカジノを楽しむことができるのです。

ここでは、韓国でのカジノの遊び方をレクチャーしましょう。

【韓国のどこでカジノはできるの?】

韓国のカジノは1967年に解禁され、今では15か所以上のカジノが設立されています。

首都ソウルの他、第二の都市である釜山や済州島にもカジノはあります。

その中でもやはり交通の便がよい、首都ソウルのカジノがおすすめです。

 

韓国のカジノは基本的には外国人のために運営されています。

そのため、日本人が韓国でカジノをする場合、入場の際にパスポートの提示が求められます。またカジノには年齢制限があり、18歳未満は入場禁止となっています。

ちなみにラスベガスの年齢制限は21歳以上になりますので、韓国のカジノの方がラスベガスに比べて年齢制限は低いです。

 

観光客をターゲットにしているカジノには日本語や英語を話せるスタッフが常駐しているため、言葉が分からない…という心配はありません。

韓国語ができなくても安心してプレイすることができるでしょう。

 

また韓国のカジノはホテル内にあることがほとんどです。

ソウル市内におけるメジャーなカジノホテルと言えば、最も歴史のあるウォーカーヒルカジノです。

地下鉄5号線クァンナル駅と2号線カンビョン駅から車で5~10分のところにあり、駅から無料シャトルバスも出ています。

【韓国カジノの税金と関税】

韓国カジノで勝った場合、税金の取り扱いが気になるところ。

実は韓国で行ったカジノで大金を稼いだとしても、韓国で税金を徴収されることはないのです。

日本はカジノ合法国である韓国やアメリカとは租税条約を結んでいます。この条約によってカジノで稼いだ場合、韓国では免税対象になります。

課税対象になることなく、全額がプレイヤーに還元されるのです。

しかし日本では基本的に納税の義務が発生します。

ギャンブルで稼いだお金は一時的な所得として扱われます。

そのため、50万以上勝った場合には、確定申告をする必要があります。

例えばカジノ所持金10万円で遊んで、50万円勝った場合には、所得は40万円になります。

この際は、申告義務は発生しないのです。

つまり所持金を除いた所得が50万円を超えると確定申告をしなければなりません。

韓国カジノで50万円以上稼いだ方は、カジノから両替証明書を発行してもらうようにします。

【韓国カジノの通貨と予算】

韓国のカジノで遊ぶためにはどのくらいの予算が必要になるでしょうか?

韓国カジノで使用される通貨は、韓国通貨「ウォン」になります。

ウォンは日本円よりも安いため、同じ予算でヨーロッパのカジノで遊ぶ場合よりも、長く遊ぶことができるでしょう。

 

1時間程度遊べれば十分!と考えるのであれば1万円もあれば事足りるでしょう。

しっかりと遊びたいという場合でも、10万円分の予算があればカジノを満喫できますよ。

 

1円は約10ウォンになるので、10000円の場合は100000ウォンになります。

カジノにレートが存在しており、1ゲームに使われる金額の単位です。

最小レートとはカジノで遊ぶ1ゲームの最小掛け金のこと。

韓国のレートの相場はこちらです。

スロット500ウォン(約50円)

ルーレット2500円ウォン(250円)

バカラ・ブラックジャック50000ウォン(約5000円)

【韓国カジノのおすすめサービスは?!】

韓国カジノのおすすめサービスとして、荷物預かりサービスがあります。

韓国のカジノでは、スーツケースや買い物袋などを荷物預かり場所で預かってくれます。

またロッカーが設置されているカジノ店舗も多いので、ロッカーを使うのもOKです。

 

韓国のカジノでは、安全性確保のため、ロングコート、帽子、サングラス、カメラなどの着用はNG。

かばんもリュックは持ち込みが許されておらず、ショルダーバッグ程度の大きさのものだけになります。

買い物ついでにカジノに行きたいという時でも荷物預けサービスを利用すれば手軽にカジノに行けますのでおすすめです。

 

ブラックジャックの基本ルールと覚えておくべき用語一覧

カジノのテーブルゲームの中でも特に人気があり、勝率も高いと言われているブラックジャックとはどういうゲームなのか、基本ルールと覚えておくべき最低限の用語を紹介します。

初心者が勘違いしがちな点もあわせて紹介しますので、初めてプレイする方もぜひチェックしてみてくださいね。

 

カジノには、テーブルゲーム、スロット、ルーレットなど様々な遊び方がありますが、その中でもロングランで人気を誇っているのがテーブルゲームです。

テーブルゲームというと、ディーラーがカードを配り、その場を仕切るので、「なんだか難しそう」と思われる方も多いと思います。

しかし、そのようなことは決してなく、特にブラックジャックは勝率も高いと言われていますし、何よりもルールが簡単なので、初心者の方にもおすすめです。

 

こちらでは、ブラックジャックの基本ルールと勘違いしやすいポイント、また、最低限覚えておくべきルールについて紹介していきます。

 

・あなたが21に近づけるかディーラーにバストさせる

ブラックジャックのルールとして、「21」がとても重要な数字になることは知っている方が多いのではないでしょうか。

書籍やネットなどでも「21を超えずに21に近づけることが大切」と書かれているのを目にしたことがあるのではないでしょうか。

もちろん、それは間違いではありませんし、1つの基本ルールとして知っておいても良いでしょう。

 

しかし、実際のブラックジャックの目的は「21に近づけること」ではなく、「ディーラーに勝つこと」なのです。

その時点で「勝ち」となりますので、何も21を意識しなくても良いということになります。

 

そのために2つのポイントとして重要なのが、「あなた自身がバスト(21を超えない)こと」と、「ディーラーよりも21に近づけるか、ディーラーにバストさせること」をしっかりと頭に入れておきましょう。

 

これらを念頭に置いた上で、ブラックジャックの基本的なルールや用語を見ていきましょう。

 

・覚えておきたい最低限の用語

まず、ブラックジャックをプレイするにあたって、5つの用語は最低限覚えておく必要があります。

もちろん、カジノによっては他にも英語のやり取りが必要となることもありますが、これらの用語を最低限覚えておけば、ブラックジャックで困ることはあまりないと言えるでしょう。

 

・ヒット(カードを1枚引く)

・スタンド、ステイ(カードを引かない)

・バスト(カードの合計が22以上、つまり負け)

・ブラックジャック(最初に配られた2枚のカードが「A」+「T、J、Q、K」の組み合わせ)

・アップカード(ディーラー自身に初めに配られる2枚のカードの内1枚を

プレイヤー全員に見えるよう表におくカード)

 

このように、最初からブラックジャックであれば、「ナチュラル21」とも呼ばれる最高の手と言えますが、確率論から言うとなかなかそのような組み合わせになることは少ないと言えます。

 

・ゲームルールと進行

ブラックジャックのルールと進行についてですが、まずは掛け金を置いてスタートします。

テーブルゲームに共通することですが、チップを置くことがゲームへの参加表明へとつながります。

 

プレイヤー全員がチップを置くと、プレイヤー全員とディーラー自身にカードを2枚ずつ配り、ディーラーの分は1枚表を向けます。(アップカード)

 

プレイヤーはこのアップカードを見てディーラーの手を予測し、バストしない限りは何度でもヒットすることが可能ですし、スタンド、ステイでとどめておくこともできます。

 

最終的な自分の手を作り終えると、最後にディーラーが手を明かし、勝敗が決まります。

 

・勝敗の決め方

勝敗の決め方は最初に説明した通り、21に近い方が勝ちとなりますが、もしブラックジャックという手で勝った場合、配当は1.5倍となるので、かなりおいしいです。

 

また、ディーラーよりも21に近い場合も1倍の配当となるので、自分の掛け金が2倍になって戻って来るという仕組みです。

 

あなたとディーラー双方がブラックジャックであった場合や、同点の場合は引き分けとして掛け金が増減なくそのまま戻ってきます。

 

もしディーラーとあなたどちらもバストしてしまった場合は、ディーラーの勝ちとなってしまうので、少なくともバストするのは避けるようにしましょう。

カジノ初心者が失敗しないために押さえておきたい4つのポイント

カジノ初心者が失敗しないためのポイントを4つ紹介します。

正しいルールを知っておくことが何よりも大切で、カジノ内でやって良いこと、やってはいけないこと、最低限の英語や用語を覚えておくことも重要です。

そして何よりもカジノを楽しむという気持ちや意気込みがカジノでは最も大切だと言えます。

初めてカジノに挑戦するという方にとっては、「損したらどうしよう」「ルールがいまいちわからない」なんていう声も聞こえてきそうですね。

大金が動く場というだけあって、「失敗したくない」という気持ちを持っている方が多いと思います。

 

しかし、カジノ初心者でも失敗しない方法というのはありますし、十分にカジノを楽しむことは可能です。

こちらでそのポイントを見ていきましょう。

 

・正しい攻略ルールを知っておく

カジノをするにあたって、正しいルールを知っておくことは常識とも言えるでしょう。

その理由は、「ルールが分からなければ勝ち負けですら分からないから」です。

せっかく自分のお金をかけて勝負するのに、「いつの間にか負けていた」なんていうことになったらもったいないですし、悲しいですよね。

 

それぞれのゲームのルールを知っておくのはもちろん、「どうすれば勝敗が決まるのか」「どこに攻略のカギがあるのか」などをあらかじめ勉強しておくと良いでしょう。

そういった情報はカジノに詳しい友人に聞いても良いですし、インターネットでも公開されているので、行き当たりばったりにならないように、事前にゲームの流れから勝敗の決まり方まで目を通しておくことをおすすめします。

 

また、どのゲームにも攻略法があり、明確なルールやオッズが存在するので、ネットや書籍などを見て勉強しておきましょう。

 

・カジノ内でできること、できないことを知っておく

初めてのカジノでは、基本的なルールやマナーがわからないという方も多いと思います。

カジノは同じ賭けの場とは言っても、日本で言うパチンコ店や競馬場とはまた訳が違うので、できること、できないことが定められています。

 

例えば、カジノでは基本的にドリンクは無料ですが、その代わりきちんとしたドレスコードが定められていたり、ディーラーに注意を受けるなど完全なマナー違反です。

また、バッグや手荷物は基本的にクロークに預けるなども、カジノの基本的なマナーです。

もちろん写真撮影やビデオ撮影は禁止されており、ラスベガスカジノにおいては21歳未満の入場は禁止されています。

事前にカジノでのマナーやエチケットを知って気持ち良くプレイできるようにしましょう。

 

・最低限の英語は覚えておく

カジノでは英語でやり取りが行われることがほとんどです。

ラスベガスなどではもちろん、韓国カジノでも英語を使ってやり取りが行われることが主なようです。

なので、ペラペラに会話できる必要はありませんが、「チップ交換」や「ゲーム終了」など、ゲームに必要とされる用語は最低限知っておいた方が良いですね。

 

カジノではスムーズにゲームを進行することがディーラーの役割なので、もしあなたが全く英語や用語を知らなくて進行に支障をきたしてしまえば、それはディーラーを困らせることにもつながってしまいます。

 

最低限、ゲームやカジノで過ごす時間困らない程度の英語や用語を知っておくことで、あなた自身も楽しんでプレイできるでしょう。

 

・少しでも勝たなければ楽しくない

基本的にカジノは「勝つためにするもの」です。

ただその場の雰囲気を楽しむのも一つですが、やはり心からカジノを満足して楽しむためには、初心者であっても少しでも勝つことが大切です。

 

カジノにはスロット、テーブルゲーム、ルーレットなど様々な遊び方がありますが、最も勝率が高いと言われているのが、ブラックジャックです。

しかし、日本でスロット慣れしている人や、単純なルールのものが良いという方は、スロットやルーレットでも十分に楽しめるでしょう。

 

また、最初から大金を賭けるのではなく、最低掛け金であるミニマムベットから初めてみて、ルールや攻略法がつかめてきた時点で、ご自身が思う金額を賭けるのも大負けしない一つの方法です。

ただし、ミニマムベットが決まっていないカジノもありますので、そういった場合は、「掛け金はいくらからですか?」と聞くと良いですね。

 

手軽に簡単!オンラインカジノの楽しさ

オンラインカジノは今非常にブームとなっている、インターネット上でギャンブルを楽しむことができるサイトです。様々なゲームを自宅に居ながらにして楽しむことができるオンラインカジノについてご紹介します。

オンラインカジノとは

オンラインカジノとは、インターネット上で楽しむことができる、オンライン上でのギャンブルのことで、パソコンやスマートフォンなどの端末で簡単に楽しむことができます。現在日本ではカジノが禁止されていますので、ライブのカジノで遊ぶためには海外へ行く必要が有ります。しかしながらオンラインカジノであればクレジットカードや電子決済サービスなどを使って簡単に入金することができ、手軽に楽しむことができます。

心配なのがカジノなど賭け事をして捕まらないのかという点ですが、オンラインカジノの運営者は、海外でカジノが認められている国にサーバーを置いて運営しています。また、その国の政府からオンラインカジノとして運営してもよいという認証を受けて運営していますので、日本でプレイしていても海外でプレイしているのと同じ扱いになるのです。このような仕組みから、日本でも安心してオンラインカジノを楽しむことができるのです。

また、自宅でできるため始めるのもやめるのも簡単というメリットが有ります。実際にカジノに行った場合、行くのはもちろん大変ですし、やめるのも何かタイミングが無いとやめづらいでしょう。こういったわずらわしさが無いのもオンラインカジノの魅力です。

 

ゲームを選ぼう

オンラインカジノでは、様々なゲームを楽しむことができます。どんなゲームがやりたいのかを調べて挑戦してみましょう。

ライブのカジノにもあるブラックジャックやバカラ、ルーレットはもちろん、オンラインカジノならではのスロットなどもあります。

特にスロットはカジノにあるものよりもゲーム性を重視したものが多く、画面上で様々な演出が起こるため、非常に楽しいものとなっています。スロット自体の種類も非常にたくさんあり、それぞれ演出や払い戻しの額、荒さなどが台によって違いますので、それらを選ぶ楽しみも有ります。

また、ポーカーもオンラインカジノにおける規模が多く、オンラインカジノの中の一つというよりも、オンラインポーカー専門のサイトで楽しむのが一般的となっています。常に世界各国に住んでいる多くの人が参加していますので、遊びたいゲームをすぐに遊ぶことができますし、レートも自在に選ぶことができます。数千人が参加するような大型のトーナメントにも参加できるため、オンラインポーカーのみで生計を立てているという人もいるほどです。最近ではポーカールームによってホールデムやオハマのようなポピュラーなルールのものだけではなく、一風変わったルールのポーカーを楽しむことも可能となっています。

上記のゲーム以外にも、オンラインカジノには様々なゲームが有ります。一つのオンラインカジノに入金しておけば、ライブで行われるようなテーブルの移動やチップへの監禁などのわずらわしさも無く簡単に楽しむことが可能となっています。

 

オンラインカジノを始めるなら今

オンラインカジノ自体はかなり昔からありますが、ここ最近、特に日本では流行り始めています。オンラインカジノの運営会社はたくさんあり、この流行を逃すまいと新規のプレーヤーの囲い込みに精力的になっています。そのため、登録するだけでボーナスをもらうことができたり、入金のたびにボーナスをもらうことができたりというような、キャッシュバックサービスが非常に多くなっています。

そのため、ブームの今始めることで、非常にお得にオンラインカジノを楽しむことが可能となっていますので、興味のある方はぜひ、登録してみてください。

 

まとめ

今回はオンラインカジノとはどのような物か、またその楽しさについてご紹介いたしました。オンラインカジノの大きな魅力として、家に居ながらにして様々なルールのギャンブルを楽しむことができるというものがあります。興味のある方は是非登録してみてはいかがでしょうか。

誰でも簡単!カジノのシンプルゲーム

カジノにはさまざまなゲームが有り、ゲームによってルールも様々となっています。ポーカーのようなプレーヤーのスキルが大きく影響するものから、運だけで決まるような簡単なものまでありますが、今回は誰でも簡単に遊べるシンプルなゲームについてご紹介いたします。

 

スロットマシン

スロットマシンはほとんどのカジノで遊ぶことができて、だれでも簡単にトライすることができます。機械で遊ぶことになりますので、ディーラーとやり取りをすることも無く、英語が全くできないという人でも気軽に遊ぶことができます。

日本にもパチスロという似たようなマシンが有りますが、パチスロと違って目押しなどの技術が必要無く、お金を入れてスタートすれば後は全て運のみとなります。

遊び方はマシンごとに決められた金額を入れて、回すだけというとても簡単なものです。予算に応じてマシンを決めてトライしましょう。スロットマシンの目玉にジャックポットというものがあり、大きなものだと数億円が当たるケースも有ります。確率は宝くじのようなものでめったに見ることはできませんが、スロットマシン以外のゲームであれば賭け額に応じて相応の払い戻し金額になるのと違って、一攫千金の可能性があるのが魅力ともいえるでしょう。

 

バカラ

非常に有名なゲームでカジノといえばバカラという人も少なくありません。ゲーム性は非常にシンプルで、プレーヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想するというものです。

ゲームの方法は、まずそれぞれにトランプのカードが2枚配られます。そして、「プレーヤーの合計値が6未満の場合」「バンカーの合計値が6以下で、プレーヤーの合計値を下回る場合」の条件を満たせば3枚目が配られます。ただし例外が有り、2枚の時点でどちらかの合計値が8か9だった場合はその時点で勝負となり、上記条件に当てはまっても3枚目が配られることはありません。

このルールに従って参加者はプレーヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想します。プレーヤーに賭けて当たった場合は2倍の払い戻し、バンカーに掛けて当たった場合は1.95倍の払い戻しが一般的となっています。また、プレーヤーとバンカーが引き分けるTIEに掛けることも出来ます。これが当たった場合は8倍の払い戻しとなります。

バカラの醍醐味として、絞りというものがあります。バカラは参加者が自分で賭けた方のカードをめくることができるのですが、カードを絞るようにして少しずつめくることで、緊張感を楽しむことができます。勝負に直接関係はありませんが、楽しみ方として非常にポピュラーです。絞りの方法にはいろいろありますので、調べてみるとよいでしょう。

 

シックボー

シックボーはサイコロを使ったゲームで、大小やタイサイとも呼ばれる、中国発祥のカジノゲームです。

基本的なルールは3つのサイコロニヨルで目を予想するというもので、掛ける方法は、「3つのサイコロの合計値を予想する」「3つのサイコロのうち1個の出目を予想する」「3つのサイコロのうち2個の出目を予想する」「3つの合計値が大(11から17)か小(4から10)かを予想する」「3つのサイコロがぞろ目であることに限定してベットする」というもので、それぞれ充てやすさに応じて配当が設けられています。

 

まとめ

今回はカジノで遊ぶことができるゲームの中でも、シンプルで簡単に遊ぶことができるものに限定して、スロットマシン、バカラ、シックボーの3つをご紹介いたしました。ルールが複雑なものだと、どうしても緊張して遊ぶことができなかったり、知らない間にマナー違反やルール違反をしてしまったりということがあります。これらのゲームであれば簡単にトライすることができますので、初心者の方にもおすすめです。

カジノの人気ゲーム「ポーカー」で勝つための定石

カジノでも非常に人気の高いゲームであるポーカーですが、ルーレットやバカラなどと違い、運よりもスキルが大きく勝敗に左右するゲームとしても有名です。ポーカーで勝つためには正しい戦術を理解し、定石どおりにプレイすることが重要ですので、ポーカーで勝つための王道の定石についてご紹介します。

 

正しいプレイを続ける

ポーカーで勝つためには、確率にのっとって正しく、自分がプラスになる行動を続けることが重要です。正しいポジションから正しいハンドレンジで参加し、正しいベット額でベット、レイズを行っていくことが、ポーカーで勝つための王道の定石となります。

実際にこれを全て身に着けるというのは大変ですので、一つずつ身に着けていくとよいでしょう。お勧めなのはハンドレンジから勉強することです。ポーカーは多くのケースでプリフロップではフォールドすることが正しいアクションとなります。それほど参加して良いハンドというのは限られているのです。正しいハンドレンジを学んで、参加するべきハンドを選ぶことができるようになれば、無駄な支出を抑えることが可能となります。もちろん、弱いハンドで参加して強い手ができた場合、大きなポッドを得ることができる可能性は高くなります。しかしながら、それを繰り返していては長期的に見てマイナスとなってしまうハンドをプレイしないという考え方をするのがポーカーで勝つための定石といえるでしょう。1回のプレイで考えるのではなく、それと同じ状況下で何度もプレイした場合、自分にとって得なのか、また、それはいくらぐらいの得になるのかということを考えてプレイするようにしましょう。

 

正しいプレイを身につける

上記の通り、自分にとって得となるプレイを続けることがポーカーで勝つための一番の方法です。しかしながら、いきなりすべてを身に着けるというのは難しいでしょう。

ポーカーでそういった力を身に着けるためにはプレイを続けることが一番の近道です。ライブであれば本当に体感でしか感じることができませんが、パソコンを使ったオンラインポーカーではそういった確立を計算してくれるツールが有りますので、それを使いながらプレイを続けることで、経験値をためていけば、そういったツールを使わなくても、だいたいの勝率や正しいベット額、相手のハンドレンジなどの情報が分かるようになってきます。

自分が本当に自分にとって一番得なアクションをしているかどうかと考えながらプレイを続けることが非常に重要となります。

 

ポーカーの戦術の流行について

前提として自分にとって正しいアクションを続けることがポーカーで勝つための王道の定石ということはありますが、実際にどのようなプレイをするかというと、それには流行が有ります。一昔前にはあまりやられていなかった戦術が、一般の人に広まって普通の戦術として取り入れられるようになるというのがポーカーでは珍しくありません。

ポーカーはまだまだ研究されているゲームですので、そういった戦術の流行にも敏感になるようにしましょう。

 

なぜポーカーで勝つことができるか知ろう、心構えについて

ポーカーは自分にとって最も利益が大きくなる行動を続けることができれば勝つことができます。これは例えば、1000円勝つことができるか、10000円勝つことができるかというようなプラスのケースだけではなく、1000円負けるか10000円負けるかというような考え方も有ります。実際にはこれほど単純ではありませんが、理解しておくようにしましょう。

また、ポーカーで正しいアクションを続けていれば勝てる理由は、他の人がその人にとって不利な行動をしているからということも理解しておきましょう。

カジノでキャッシュゲームに挑戦するときの注意点

カジノに行ってキャッシュゲームを行う際には、いくつか注意しておきたいことがあります。今回は、キャッシュゲームに挑戦する際に持っておきたい心構えと、マナーについてご紹介します。

キャッシュゲームとは

キャッシュゲームとは、カジノなどで現金を賭けてゲームをプレイすることです。実際に現金を賭けてカジノで遊ぶ際には、事前に心がけておきたいことがいくつかあります。今回はキャッシュゲームに挑戦する際に注意しておくべき点についてご紹介いたします。

ノーレートとの違い

キャッシュゲームとノーレートに、ゲームのルールについて大きな違いはありません。しかしながら、実際にやってみるとぜんぜん違うという印象を受けると思います。

当然ですが一番の違いは現金がかかっているという点です。これによって、プレイをする際に、お金が増えたり減ったりすることへの心理的な影響があったり、自分のバンクロールの状況によって精神状態が変化したりすることがあります。例えば、負けがこんでしまってもうやめたほうが良いのにやめられなくなってしまったり、大勝していて自分の決めていた金額よりも張る金額が大きくなってしまったりと、精神状態がプレイ内容に大きく影響するようになります。

ポーカーのようなスキルゲームをプレイする際は、正しく勝てるような方法を選択することが勝つために重要ですが、お金をかけていることが正しい判断をできなくさせてしまうということが珍しくありません。

このように、ノーレートと違って実際に現金を掛けることでプレイ内容に大きく影響を与えるようになりますので、事前に自身が持っている金額や買った金額、負けた金額によってプレイを変えてしまわないように注意するようにしましょう。

しかしながら、口でいうほど簡単ではありません。初めて挑戦するという人や経験が少ない人は特に、負けがこんでしまうと平静を保つことが難しいでしょう。そのような人はまず、常に自分が冷静かどうかを確認し、平静を保つことができていないと感じたら即座に席をたつことを頭においてプレイすると良いでしょう。

マナーを学んでおこう

カジノでキャッシュゲームをプレイする際、特にディーラーとではなく客同士でお金の遣り取りをすることになるポーカーをプレイする場合、事前にやってはいけないことや、マナーなどを学んでおくと良いでしょう。

例えば、「プリフロップでフォールドして、自分の手札を一人だけに見せた」というのは明らかなルール違反です。ポーカーをプレイする人であれば、これが非常に良くない行為であるということはすぐにわかるでしょう。もちろん上記は一例ですので、プリフロップでなくてもショーダウンとゲームが終了する段階の一部など、認められたタイミングでしか自身のハンドを公開することはできませんし、見せる相手は一人でも全員でも問題となります。また、テーブル外からアドバイスを求めるような行為も禁止ですし、テーブルに置かれていないハンドを読むことも禁止です。こういった禁止行為が厳密に定められていますので、あまりルールを良く知らないという人は、やってはいけないことについてしっかりと把握しておきましょう。

また、ルール違反とまではいかなくても、マナー違反、エチケット違反とされるケースもあります。例えば他のプレイヤーのチップやカードに不必要に接触したり、明らかにゲームを遅らせるような遅延行為、余計なおしゃべりなど、他のプレイヤーやディーラーに迷惑をかける用な行為をとった場合、罰則が課される場合があります。

罰則の内容やどの程度まで許されるのかということは、カジノによって違いますが、こういった行為は非常に迷惑ですので、そもそもやらないように心がけましょう。あまりひどい態度だと、カジノから追い出されてしまうこともありますので、注意しておきましょう。

 

 

実力で勝つ人必見!カジノで勝つための技術力向上の方法

プロのポーカープレイヤーは実際に高い勝率を誇っており、長く勝ち続けることができています。これは、プレイスタイルが確立されていることはもちろん、自分を律する強い力を持っていることにも一因があります。どうすれば、安定して勝利をすることができるのか、プレイスタイルや、勝つために何を心がければよいのか、なども含めて具体的にプロのポーカープレイヤーが心がけていることをご紹介します。

まずは基礎知識を徹底する

プロのポーカープレイヤーは、基本的な知識を全て習得しています。初心者のうちは「なんとなく」というプレイスタイルでゲームを進めているものですが、プロは何をすればいいか、状況に応じてゲームを理解しているため、徹底したスタイルでゲームをプレイすることができます。

このあたりのゲーム性、ルールについて詳しく知らないと何をすればいいか分からず、「ルーズプレイ」という状況に陥ってしまうことになります。実はこの状況は大変危険であり、一貫性がないため、上級者に狙われてしまいます。プロは、「バットラック」と呼ばれる、アンラッキーが続いたとしても、それを理解し、状況に応じてプレイスタイルをきっちりと守ってプレイをすることができます。

状況に応じて、どのようなプレイをすればいいか、高い集中力に冷静な判断力を備えるには、当然、長い時間がかかります。しかし、これはどのプロのプレイヤーも最初から備わっていたものではありません。長く、時間はかかることですが、一つづつ積み重ねていくことで、確立したプレイスタイルでもあるのです。状況に応じて臨機応変に対応するプロのプレイスタイルをある程度、自分のものに出来るようになれば、当然、高い勝率を実現することができるようになるでしょう。

強い精神力を身につける

あらゆるゲームで共通することでありますが「高い精神力」を持っていることは、それがすなわち、勝率につながります。いつ、どのような状況でも自分で確固たるプレイスタイルを持っていることで、状況に応じて臨機応変に判断することができます。実はこれは簡単のようで、実際にはかなり難しいことの一つでもあるのです。実際にプレイをするとなると、当然、判断しなければならないことは多く、迷いや失敗を引きずることも少なくありません。しかし、そこから立ち直り、冷静な判断をしなければならないのです。状況に応じて臨機応変に対応する適応力を十分に身につけるようにしましょう。

 

勝負どころの勘を磨く

ポーカーでは理屈ばかりが先行しても、常勝することは難しいといえるでしょう。やはり、最終的に求められるのは「勝負どころ」で、どのようにプレイをするのか、その人ならではの実力や勝負の勘が大きく左右するものです。いつ、どうやってプレイをするのか、何を優先するべきか、など冷静な判断力を身につけることによって、勝利するための方法や近道は近づいてきます。

ポーカーでは、決して「よいハンド」が来ることを待っているゲームではないのです。対人ゲームだからこそ「相手の心理」と「自分が相手にどのように見られているのか」ということを意識し、いかに相手に勝つことができるかを考え、冷静に勝つための方法を見つけることが勝利への近道といえるでしょう。状況に応じた練成な分析力が求められます。いかに勝利するか、それはその人がいままで積み上げた実績や、経験、そして相手に対する洞察力など「全て」が求められることになります。

ポーカーは、いい加減な気持ちでプレイをしていると、強くなれるにはある程度、限度があるものです。一方でしっかりと訓練をしたプレイヤーであれば、状況に応じて冷静に判断する力を身につけ、自然と勝利するためにどのようなプレイをすればいいか、判断をすることができるようになるでしょう。