テキサスホールディムの勝ち方

世界で一番人気のあるゲームとなったポーカーゲーム「テキサス・フォールディム」は実力がはっきりと出すことができるゲームとして知られています。強い人が安定して勝ち続けることができるため、リアルマネーをベットしたオンラインゲームからカジノまで幅広く人気があります。しかし、勝つためには、一定の実力とノウハウが求められるため、その勝ち方や方法をお伝えします。

 

単純だが奥の深いゲーム性

テキサスホールディムはたった二枚の手札しかない、ポーカーゲームです。そのため、初心者でも簡単にプレイできるように思いがちです。しかし、ゲーム性は複雑で心理戦やオッズゲームのようそうがあります。そのため、ある程度、基本的な知識を持っていないと、どのようにプレイをすれば安定して勝てるかわからず、結果として負け続けることになります。

テキサスホールディムのことわざの一つに「テーブルについて周囲にカモがいなければ自分がカモだと思え」ということわざがあります。自分よりも強いプレイヤーの中では勝ち目はない、という考え方です。そのことを考えると、「相手の実力」を正確に測り、どう勝つべきか、正しい知識を知った上でプレイをすることは欠かせません。

その目安となるのが「正しくプレイをしているのか」ということです。どのような意図や目的があってプレイをしているのか、ということを知れば、その次に自分がとるべき行動をある程度、はっきりと決めることができるからです。スタイルの中では「ラフ」「ルーズ」「パッシブ」などに分類されるプレイスタイルは結果的にチップを多く失うだけのプレイにつながります。これらのプレイヤーがテーブルに同席しているときには、そのプレイヤーにきびしくプレーすることによって、結果的に収益をあげることができます。この方法を「バリューをとる」と呼び、安定して勝ちつづけるためには欠かせない方法です。

 

 

心理戦に打ち勝つ技術を持つ

テキサスホールディムの特徴は『心理戦』が欠かすことができないゲームであることです。ポーカーのことわざに「ゲームに勝つのではなく、相手に打ち勝つゲーム」という考え方があります。単純なオッズや、ゲームの基本的な攻略法はお互いに知り尽くしています。その中でいかに相手を理解し、その裏をかくことができるのか、ということが安定した勝利を続けるためのノウハウになります。

これは、世界のテキサスホールディムの大会で優勝したプレイヤーたちがいかにメンタルが強く、冷静で、洞察力に優れているかを考えればうなずけることでしょう。安定したプレイスタイルを確立し、相手につけいられないようにすることで、安定した勝利をものにすることができます。

心理戦に優れるためには「動揺しないこと」を第一原則にすることです。実際にある程度、実力があるプレイヤーだったおしても、ミスプレーをしてしまうとそこかから大きく崩れてしまうことが珍しくありません。

 

 

オッズだけで考えない

テキサスホールディムはきわめて数学的なゲームです。最初にゲームをするときに、一定の強いハンド、弱いハンドの基準があります。しかし、そのことだけに囚われると、プレイが限定的になってしまいます。オッズは知っておかなければならない知識ではあるものの、そこに束縛されすぎると結果的に相手に読まれやすくなってしまうマイナスの点があります。なるべく冷静な総合的な判断をもち、勝負どころで同様せずにプレイできるためにもオッズに惑わされず、相手と相対的な関係を持ってプレイを心がけることをおすすめします。動揺せず、ぶれない精神力で冷静にベットをしておくことが勝利の秘訣です。

一度の負けは仕方がないことと割り切り、つぎのプレイに集中できることも心理戦では欠かすことができない要素です。長く実績を積むことで、メンタルはある程度鍛えることができますので、勝つためのノウハウや判断基準も身につけていくことができます。自分にとってどのような知識が必要なのかが増えれば、精神的にも動揺しなくなります。自分の精神状態を正確に判断しておくことで実力は格段と向上します。

カジノ初心者でも楽しめるゲームって何?

カジノの中で最も初心者向けなのがスロット

初心者でいろいろとあるゲームの中でもどれで楽しめばいいのかわからないのであれば、スロットにチャレンジするのがおすすめです。カジノといわれるとカードやルーレットなど、いわゆるテーブルゲームをイメージする人が多いでしょう。それと比較するとスロットは少し脇役で地味な印象があるかもしれません。

しかしスロットは初心者の方でも気軽に参加できます。それがミニマムベット額の低さにあります。テーブルゲームの場合、カジノによって異なりますが5~10ドル程度が相場です。しかしスロットの場合、1ドル未満からでも参加できます。中には10セントくらいから参加できるような機種もあって、これなら1回あたり10円程度です。この程度の金額で楽しむのであれば、それほど懐具合を気にする必要もないでしょう。

しかもスロットのルールはシンプルです。レバーを回してボタンを押し、絵柄をそろえるだけです。すぐに楽しめる手軽さがある半面、カジノの中にはジャックポットといって掛け金がプールされるルールになっているところもみられます。そして大当たりが来れば、ジャックポットにプールされている金額を一挙に手にできる、少ない資金でとんでもない大金を当てられる可能性もあります。

 

テーブルゲームで簡単なルールはルーレット

「スロットは地味、やっぱりテーブルゲームで楽しみたい」と思うのであれば、ルーレットはいかがでしょうか?カジノによって異なりますが、一般的な傾向としてルーレットはテーブルゲームの中でもミニマムベット額の小さなものが多いです。ルーレットの場合、ルールもシンプルなため初心者でもすぐにその内容は理解できるでしょう。

簡単に言えば、ルーレットが回りますからその球がどこに入るかを予想してベットするゲームです。具体的な数字を選ぶ方法もありますが、当たる確率はどうしても低くなります。着実に当てて資金を増やしたければ、赤か黒・奇数か偶数・18以下と19以上といった2択のベットがおすすめです。2者択一であれば、単純計算して当たる確率は半分でローリスクなギャンブルを楽しめます。

ほかのテーブルゲームと比較してルールが複雑ではありません。しかも見た目でゲームの勝ち負けがはっきりします。球がルーレットのどこに落ちるのか、見た目のスリルなどもあって結構初心者でも楽しめるテーブルゲームの一つと言えるでしょう。

 

カードゲームで初心者向けはバカラ

「カジノに来た以上、カードゲームを楽しみたい」と思っている人におすすめなのが、バカラです。カードゲームの中でも最もルールがシンプルでわかりやすいからです。通常はディーラーと皆さんプレイヤーに分かれて勝負をします。しかしバカラの場合、ディーラーがプレイヤーとバンカーという1人2役を担当します。そしてプレイヤーとバンカーが勝負をして、皆さんはどちらが勝つか予想するだけです。イメージとしては競馬や競輪、競艇に近いかもしれません。勝負はお互いカードを引いて合計21を目指します。ちなみに絵札は種類関係なくすべて10としてカウントします。そしてエースについては1でも11でも利用できます。

バカラのかけ方ですが、3つの中から選択します。プレイヤーの勝ち・バンカーの勝ち・両方とも一緒の数字で引き分けの3つです。最後の引き分け、タイといいますがこれはめったに賭けられることはないです。まず確率的に来ることが少ないからです。そしてもしタイになった場合、プレイヤーとバンカーいずれかの勝ちと賭けた場合にはその掛け金は全額戻ってきます。つまりどちらかの勝ちにかければ、タイになった場合でも少なくても損することはないわけです。

カジノと言えばルーレット!遊び方や攻略法を紹介します

カジノの女王を呼ばれているのがルーレットです。回転する円盤に球を投げ入れて落ちる場所を当てるカジノゲームであるルーレットですが、ルーレットはフランスで生まれました。ナポレオンが活躍した19世紀始めには現在と同じ形のルーレットが完成していたと言われており、フランス語の車輪を意味するroueがルーレットの語源になっています。

赤や黒、緑のテーブルに華やかなルーレットの円盤はまさにカジノの定番とも呼べるものですが、なんとなく複雑で難しいのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。ですが実はルーレットの遊び方はとても簡単でカジノ初心者でも楽しむことができるゲームです。

 

■ルーレットの基本ルールとは

 

ルーレットの基本的な遊び方は、どの数字に球が落ちるかを予測してそこにチップを賭けます。チップを賭ける際には、赤or黒に賭けるのか、数字に賭けるのか、偶数or奇数に賭けるのか選ぶことができ、自分が賭けた色や数字に的中すると賭け方に応じた配当を受け取ることができます。

自分の賭けたい数字や色を決めてチップを置くことをベッドと言い、既にルーレットが回り球が投げ入れられていても、ディーラーがノーモアベッドと言うまではベッドすることができます。

 

▲インサイドベッドとアウトサイドベッドと配当

ルーレットの賭け方はいくつものパターンがありますが、数字のエリアに賭けるのがインサイドベッドです。数字の書いてあるエリアにチップを置きますが、1つの数字に置くだけではなく複数の数字に置くこともできます。

例えばインサイドベッドで1つの数字に賭けることをストレートアップと言い、この場合の配当は36倍になります。数字と数字の境目の線上にチップを置くと数字を跨いで賭けたり、バラバラに賭けるなどチップを置く場所が増えれば増えるほど配当は下がっていきます。

 

数字の外側のエリアに賭ける方法がアウトサイドヘッドです。赤or黒、偶数or奇数、1~18、19~36、1~12,13~24、25~36など、このエリアに賭けると一枚のチップでより多くの数字をカバーできるようになります。より多くカバーできることからインサイドヘッドよりもアウトサイドヘッドの方が配当は低くなってしまい、例えば1ダース12点賭けの場合の配当は3倍になります。

 

■7回目の法則でルーレットに勝てる??

 

ルーレットはカジノ初心者でも手軽に遊ぶことができるゲームですが、いくつもの数字や色、賭け方があって、本当に勝てるの?と思う人もいるでしょう。もちろん賭け事なので運に左右される部分もありますから確実に勝てるという方法はないに等しいのですが、ルーレットには7回目の法則と呼ばれる攻略法があります。

 

▲確率や統計理論を根拠とする7回目の法則

7回目の法則は簡単に言うと出目の偏りを狙う攻略法です。確率や統計理論上「同じ再度が7回続くことは滅多にないだろう」という考えが根拠になっており、ルーレットで同じ色が連続した時を狙って次のゲームは逆の色にベッドするというやり方です。とにかく根気が必要な攻略法で、6回連続同じ色が出るまでひたすら待ちます。この間はベッドせず待ちましょう。6回連続で同じ色が出たら7回目のゲームで逆の色にベッドします。7回目の法則では7回連続して同じ色が出現する確率はたった0.8%であり、理論上7回目の法則を利用すると99.2%の確率で勝てるようになっています。

7回目の法則は赤or黒だけではなく、奇数or偶数、1~18or19~36と言った1/2の賭け方に応用することができます。1/2の出目の確率は常の50%なので、確実に99%の確率で勝てるという攻略法ではありませんが、期待感をもってベッドすることができ、カジノ特有の快感を味わうことができる攻略法です。

 

簡単なルールで遊ぶことができるゲームとして人気のルーレットですが、いく通りもの賭け方があり、ルーレットにはまると実に深いゲームだということがわかります。確実に勝てる攻略法というのは難しいですが、ルーレットを楽しむことができる攻略法で是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

カジノは本当に勝てるのか? 

ギャンブルの代名詞であるカジノには、いくつものゲームが存在します。

カジノで行われているゲームには、勝ちやすいものとそうではないものが混在していますが、カジノそのものは勝利の「期待値」が高いとされています。

 

しかし、期待値が高いとされているカジノの現実的な勝率は、決して高いものではありません。

カジノ必勝法の真偽

 

カジノで行われるゲームには、勝率を上げる方法がいくつか存在します。

ベアビッグ法やグレーとマーチン法などと言われるやり方で、BETのやり方やタイミングを一定の条件のもとに行なう方法です。

 

カジノ必勝法と言われるものは、最終的に収益がプラスになることを目指すものと、ゲーム1回あたりの勝率を上げるもの、ゲームを問わずに使えるものの3つに分かれます。

 

どの方法も数学的な意味では筋が通っているので、勝率を上げられます。

数字の上では間違いではないので、カジノ必勝法の情報自体は間違ったものではありません。

 

しかし、カジノはディーラーとプレイヤーという人間がゲームで争うものがあり、駆け引きも行われるので、実際には数字通りにならないことがほとんどです。

 

 

ルーレットの勝率と勝利時、敗北時の資金

 

通常のルーレットは37のマスがあるので、基本勝率は1/37です。

BETの方法で勝率と配当が変化し、勝率が大きくなると配当も少なくなります。

 

ルーレットで勝った時に増える資金は、2倍から36倍です。

BETの方法で配当が変動し、勝率が低いと配当も大きくなります。

ルーレットの最大勝率は50%、最低勝率は約2.7%で、的中させると1ドルあたり2ドルから36ドルの配当が得られ、外したBETは全て失われます。

 

ルーレットの勝敗による資金変動と勝率は以下のようになります。

 

勝率

2.7%~50%

 

100ゲーム1BET 1ドルで行った時に起こる資金変動の期待値

 

最低値 -50ドル 最大値 -2.8ドル

 

 

バカラの勝率と勝利時、敗北時の資金

 

カジノの花形でもあるバカラは、ハイリスクハイリターンであることが特徴です。

プレイヤー。バンカー、タイと言われる仮想のプレイヤーの誰が勝つかを予想するゲームです。

アジア圏のカジノでは人気のあるゲームで、大きな金額が動いているゲームでもあります。

勝利を得るには2回の確率計算を引き当てる必要なため、難易度は高めです。

 

バカラの勝敗による資金変動と勝率は以下のようになります。

 

勝率

約9%~44%

 

100ゲーム1BET 1ドルで行った時に起こる資金変動の期待値

 

最低値 約-52ドル 最大値 約+52ドル

 

ブラックジャックの勝率と勝利時、敗北時の資金

 

ブラックジャックはプレイヤーとディーラーの勝負で、カードの合計が21になるようにするゲームです。

最初にカードが2枚配られ、4つの選択肢を選択してカードの数字をディーラーと読み合う心理戦でもあります。

基本的には、最も損失の少ない選択肢を選んでいくゲームです。

 

勝率

 

約48%

 

100ゲーム1BET 1ドルで行った時に起こる資金変動の期待値

 

最低値 -32ドル 最大値 +20ドル

 

 

カジノは続けるほど期待値が下がる

 

カジノで行われるゲームは、全て続ければ続けるほど負けやすくなるという特徴があります。

これは、ほぼ全てのゲームがディーラー有利であることが理由です。

 

ディーラーが有利であるのは数字にするとほんの数%ほどなのですが、その数%の差は、繰り返していくとやがて大きな差となっていきます。

やがて無視できないほどの影響を及ぼすようになり、続ければ続けるほど負けやすくなるような仕組みが出来上がっているのです。

 

これを覆すには、ある程度の資金回収、あるいは資金増加を得られたら勝負をやめるしか方法がありません。

 

カジノで行われているゲームは、勝っている場合は利益を確定出来る時に、負けている時は損失の拡大を防ぐために撤退することが重要です。

 

カジノのゲームは、引き際を見極めることも勝負の要素なので、どこで引くかを判断できないと、確率がいくら高くでも、ほぼ負けてしまいます。

 

もし、引くことが出来なければ、高確率で資金がゼロになるものと思ってください。

スロット攻略法まとめ

スロットを攻略する際には「フラットトップ」「プログレッシブ」と言った台の違いを知ることが大切です。それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分がどのような目的や楽しみ方をしたいかということを考えて台を選びましょう。1回の賭け金は軍資金の1%が基本です。

スロット台の違いを知る

スロット台には「フラットトップ」と「プログレッシブ」があります。最大の配当が得られるジャックポットでの配当額に違いがあります。

 

フラットトップはジャックポットの配当額は固定されていますが、プログレッシブのジャックポットはそれまでその台に賭けられた総額の一部が積み重ねられた金額になります。

 

大きくかつならプログレッシブ・ジャックポットを狙って一攫千金というのが良いでしょう。

 

スロット台の種類によるメリット・デメリット

それぞれのスロット台にはメリットもデメリットもあります。

 

◎フラットトップのメリット・デメリットを考える

フラットトップはジャックポットの配当額が決まっているため、プログレッシブよりもリターンは少ないのがデメリットです。

 

逆に小さく当たりやすくなっていたり、ジャックポットの確率がプログレッシブよりも高くなっているというメリットがあります。

 

手堅く当てたいという人はフラットトップの台を選ぶと良いでしょう。

 

プログレッシブのメリット・デメリットを考える

プログレッシブはジャックポットを出したときの配当金が非常に大きいのが最大のメリットです。

 

逆にジャックポットが出る確率自体は非常に低くなっています。

 

「当たりは大きいが当たりにくい」というのがプログレッシブのデメリットで、どんどんと資金を溶かしてしまうおそれがあるのがプログレッシブです。

 

まさに「一か八か」が好きな人にはうってつけの台だといえるでしょう。

 

タイプ別・最適な台の選び方

性格やタイプによって、最適な台の選び方が変わります。自分のタイプに合った台を選びましょう。

 

◎一攫千金を狙いたい人は

一攫千金を狙いたい人はプログレッシブを選びましょう。もちろん当たる確率は高くありませんので、回数を多くして当選確率が上がるようにします。

 

当選金額は1億円以上、最大のものでは数十億円というものもあります。

 

フリースピンに「払い戻し金の増額」「的中率アップ」と言った特典がついている機種や、ボーナスゲームによってさらに払戻金額がアップする台もおすすめです。

 

また、最低の配当倍率が高めのものが大きい当たりが出やすい台です。

 

◎手堅く小さく当てていきたい人は

手堅く小さく当てていきたい人は、最低の配当倍率が低めのものを選びましょう。

 

小さいあたりが多く出るため、コツコツと当てることができます。

 

逆にジャックポットのような大きい当たりは出にくいため、一攫千金という訳にはいきません。

 

還元率が高い台を選ぶということも、長時間楽しむこと出来るポイントです。払戻金額の上限が低めのものは当たりやすくなっていることが多いです。

 

 

最適なベット額を知る

1回あたりの最適なベット額はどれくらいなのでしょうか?

 

ギャンブルは投資と似ている部分があるため、「回数を増やす」ことでチャンスが増えていきます。

 

ギャンブルは負けて軍資金が切れたら終わりになってしまいますが、回数を増やすことで当たりの波が来るまで耐えることが出来ます。

 

そのため、「軍資金の1%を賭けていく」というのが最も効率よく回すことができます。軍資金が30ドルであれば、25〜30セントずつ賭けていきましょう。

 

◎何回くらい回せば良いのか?

最低でも100回転は回したいところですが、不調だったとしても2~300回転で好調の波に戻ることができます。

 

ですので200から300回は回せるように軍資金を用意しておくと良いです。

 

100回転以内で必ず払い戻しがあるはずですが、なかった場合にはもう100回転出来るように予備の軍資金も考えておきましょう。

 

◎基本はMAXベットで

「3リール・3ライン」の場合、ラインの数の分だけベットすることになります。

 

多く当てたい場合でもジャックポットを狙う場合でも、基本的には全てのラインに賭ける「MAXベット」をするようにしましょう。

 

MAXベットとは、「最大ライン数×ベットレベル」で計算できます。

バカラで安定して勝つための賭け方

バカラは運による要素の大きなゲームですが、勝負勘や流れを読むというだけでは十分ではありません。バカラにも確率論による数学的な考え方から導かれる攻略法があります。「バランスタイプ」、「攻撃タイプ」、「守備タイプ」の3つがあるため、自分にあった方法を取り入れましょう。

 

バカラは運によるゲーム

バカラは「バンカー」「プレイヤー」「引き分け」のどれかに賭けるという単純なゲームです。

 

基本的には完全に運によるゲームであると言われている通り、予想を立てることが難しいゲームです。

 

海外ではバカラ関連の書籍が販売されていますが、攻略法や戦術、ゲームに勝つテクニックなどは存在していません。

 

そのため、多くのゲームを経験して「流れ」を読み取るという、文字通りの「ギャンブル勘(勝負勘)」を養うことが攻略法です。

 

 

◎バカラにも確率による攻略法がある

ですが、1回の勝ち・負けではなく、長い目で見たときに最終的にプラスになるための方法は存在します。

 

これは確率論による攻略法です。

 

攻守のバランスが取れた「バランスタイプ」、イケイケの「攻撃タイプ」、守りを固める「守備タイプ」の3つに大きく別れます。

 

 

バランスタイプのバカラ攻略法

バランスタイプの攻略法には「マーチンゲール法」があります。

 

通常のマーチンゲール法のほか、3倍マーチンゲール法、グランマーチンゲール法があります。これらは全て「負けた場合に賭け金を釣り上げて行く」という方法です。

 

 

◎マーチンゲール法

これは、前の回の2倍の金額を賭けていくという方法です。

 

1度目に10万円かけたら、2回目は20万円、3回目は40万円…と、掛け金が倍々に増えていきます。

 

勝つまではこの方式を繰り返していくことで、それまでの負け分を取り戻すことができます。

 

ただし負け続けると負け分が非常に大きくなってしまうという諸刃の剣です。

 

その割に利益は大きくないというのが特徴です。なお、1度勝った場合は倍率を元に戻します。

 

◎3倍マーチンゲール法

マーチンゲール法は2倍の金額でしたが、これは前の回の3倍の金額を賭けていく方法です。

 

買ったときに負けを取り戻せるだけでなく利益が大きくなるというのが最大のメリットです。

 

マーチンゲール法の中では最も多くの利益を生み出せる、まさに一発逆転タイプの方法です。

 

ただし負け続けると破産までもそれだけ早く近づいていってしまいます。

 

 

◎グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法は「1回目の掛け金+前の回の2倍の掛け金」の金額を賭けていく方法です。

 

3倍マーチンゲール法ほどの利益は生み出せませんが、負ける回数が多いほど勝ったときの利益が増えていくという方法です。

 

 

攻撃タイプのバカラ攻略法

イケイケの攻撃力抜群の攻略法もあります。

 

「勝ったら賭け金を釣り上げる」という方法が多く、大きく勝つことが出来ます。

 

◎バーレー法

逆マーチンゲール法とも言われる方法で、「勝つごとに賭け金を倍にしていく」というシンプルなものです。

 

ですが、1回負けたら一気にマイナスに転落してしまうため、どこで切り上げるかがポイントになります。

 

◎グランバーレー法

「グランマーチンゲール法」の計算方法と同様に「1回目の賭け金+前の回の2倍の賭け金」を賭けていきますが、こちらは勝った場合に賭け金を増やしていきます。

 

勝ち続けることで利益は増えるものの、負けたときの損益はバーレー法よりも大きくなるため、切り上げ時がポイントです。

 

◎ココモ法

「前2回の賭け金の合計額」を勝つまで賭け続ける方法です。

 

これが使えるのは勝ったときに2倍以上の配当が得られる場合で、勝つと非常に大きな利益を得られます。

 

逆に負けた場合の損失や負債が大きくなるため、ハイリスク・ハイリターンな方法です。

 

守備タイプのバカラ攻略法

数学的な計算を取り入れながら賭け金を増やしていく攻略方法もあります。

 

手堅く行くには良いですが利益も少ないため、ローリスク・ローリターンのものが多いです。

 

◎数列を取り入れた方法

数列を取り入れた「ウィナーズ投資法」「モンテカルロ法」があります。

 

◎ローリスク・ローリターンの方法

持っている総資金の10%を賭けていく「10%投資法」、勝ちが増えていくたびに1倍→2倍→3倍→5倍(以下5倍のまま)を賭けていく「グッドマン1235法」、勝つたびに1倍→3倍→3倍→6倍を賭ける「バーネット1326法」、利益の半分を賭けていく「ハーフストップ法」などがあります。

ブラックジャックは必勝法が存在する

ブラックジャックで安定して勝つためには、勝機があるときに、大きくベットすること、自分が今、有利な状況にあるのか、冷静に判断することです。確率を計算し、正しいベッティングを続けることで、自然と勝利できる条件が近づいてくることがゲームの特性となっています。

ブラックジャックはゲームはAは1か11とカウントできるとても強いカードで、絵札と10が10点、2から8のカードはそのままの数字が点数になり、ハウス側とプレイヤーで21に近いほうが勝利する、という単純なゲームです。プレイヤー側にはカードに応じて、ヒット、ステイ、ダブルダウン(倍賭け)、インシュランス(保険)などの選択肢があり、状況によって正しいプレイをしなければならないことが難しい点でもあり、ゲームの魅力につながっています。

通常のカードゲームであれば、基本的にバカラのようにハウス側がコミッションを徴収するシステムであれば、プレイヤー側が安定して勝ちつづけることは難しいでしょう。資産が無限大にあれば、常に賭け金を増やしていく、モンテカルロ方式のベッティングをすれば、勝率は上がるでしょうが、それに伴うリターンの少なさやリスクの大きさを考えれば決してお勧めできませんし、必勝法とはいえません。

では、ブラックジャックはどのようにすれば安定して勝つことが出来るゲームなのか。このゲームで勝つためのポイントは「自分が有利な残りカード」のときに大きく賭け、不利なときには少額しか賭けない、というプレイスタイルです。カードの残り枚数を正しく把握する技術は通称「カウンティング」と呼ばれ、現在カジノ全般では禁止されています。しかし、概算をカウントする、カウンティングをしているか、実際に確認することはメモなどが残されていなければ、かなり難しいのが現状です。

 

カウンティングの基礎が必勝法の第一歩

 

ブラックジャックで安定して勝ち続けたいと思えば、まず現在のカードの状況がどのようになっており、強い札がまだ配られていないのかを確認する方法があります。一つの例としては、A、絵札が多く残っているとプレイヤーに有利であり、逆に枚数が少ないと不利になっていきます。これは全体の枚数を概算として数えていれば、おおよその状況をつかむことができます。

しかし、突然、今まで1ドル(約100円)しかベットしていなかったプレイヤーが突然、大きな金額のテーブル上限の500ドルや1000ドルを賭けだすと、カジノ側にカウンティングを疑われ、プレーを中断されてしまいます。

そのため、自分に有利になる少し前から、少しづつベット金額を増やす、さりげない方法で友人たちにテーブルに応援に来てもらい、ベット金額を増やす、という方法があります。しかし、この方法は映画でも紹介されたことがありますが、監視カメラで見つかってしまうことがあるため、完全ではありません。

 

一つの目安としてブラックジャックの勝利の条件

 

ブラックジャックは、プレイヤーが負けているときには、正しいプレーをしていても負けるのであれば、基本的にプレイヤーに不利なカードが続いていることが多いといえます。そのため、負けているときほど、強気にベットをすることが勝利につながります。特に、完全なカウンティングが無理だとしても、Aの枚数や、絵札が多く出ているのか、などはある程度の感覚で覚えておくと良いでしょう。

それらの札が少ないのであれば、強気に負けを取り戻すつもりで、賭け金を増やしていけば、必然的に勝利が近づいてきます。後は、最終的に自信のあるときや、有利と自分が確信できるときに、本日1番のベットをして、ギャンブルの醍醐味を味わってみてください。有利なときに大きく賭け続ける、これがブラックジャックの必勝法です。

テキサスホールディムはオンラインで今、世界で最もはやっているゲーム

テキサスホールディムを学ぶためには、基本的なハンドの強さ、ベッティングのポイント、自分のプレイスタイルや注意するべきポイントを理解しましょう。ゲーム自体はとても簡単で、ポーカーのルールを知らない方でもすぐに始められますのでぜひチャレンジしてみてください。

ポーカーはカードゲームの中でも心理戦を駆使することで人気の高いゲームでしたが、ハンドの種類や賭けひき、ベッティングの難しさなど多様性が多く、玄人好みのゲームでした。そこから、カードの手札の枚数を減らし、簡単に誰でも簡単に楽しめるようになったテキサスホールディムが登場してからは、誰しも簡単にゲームに参加できるようになったこともあり、爆発的にプレイヤーが増えました。現在は一度でもプレイしたことある方は10億人を超える、という統計もあります。

実際に、カードが二枚しかなく、オンラインで登録するだけで簡単に無料で参加できることもあり、多くの方に支持されているゲームの一つになっています。誰でも簡単に、すぐにプレイできる、ということが人気の一つになっており、実際にプレイするときも、チェック、ベット、フォールドという基本的には三択でゲームが成立します。

ハンドの強さ、ルールも、ペア、ツーペアなど、初心者でも分かりやすいルール設定になっており、他のポーカーゲームよりも理解しやすいのがポイントです。まだ、実際にプレイをされておらず、興味がある方は、ぜひオンラインポーカーよりはじめてみることをおすすめします。

 

強くなるためには正しいプレイスタイルを学ぶ

 

テキサスホールディムである程度の実力を身につけたい、と考えている方は、正しいプレイスタイルを学ぶことがポイントです。このためには、ハンドがどのような手のとき、どうするべきか正しく理解をしていなければなりません。トリッキーなプレイや、極端にリスクが高いプレイは、たまにはうまくいくかも知れませんが、おおよそ、負けてしまう結果につながります。そのような極端なリスクの高いプレイを避け、正しいプレイスタイルを身につけ、勝負するべきハンドで勝負できるようにしましょう。

まず、テキサスホールディムでは最初に配られる「プリフロップ」と呼ばれるカードである程度の強さが分かります。「モンスターハンド」と呼ばれるような、強いハンドが来ることは10回から20回程度のハンドが配られたとしても1回程度しかなく、このようなハンドのときには、誰しも勝負に参加してきます。

一方で、中間程度の強さである「マージナルハンド」と呼ばれるハンドの場合、どのタイミングで勝負するべきかを迷う結果に陥りがちです。このようなハンドのときにワンパターンになってしまうと、中級者から上級者にはパターンを見破られ、簡単に負けてしまう結果に陥ることになります。正しいプレイスタイルを身につけるためには、どのようなハンドのとき、何を意識し、どう勝負するべきかをしっかりと把握しておくことが勝負で勝つためのコツになります。

 

用語やポイントを覚える

 

テキサスホールディムでは、専門用語が多く、最初のうちは理解できないことも多いかも知れません。代表的な考え方に「ポジション」という用語があります。ポーカーでは、相手のアクション(チェックかベットかのアクション)を観察した上で、自分の動向を決めるほうが有利です。そのため、不利なポジションでの強引なプレイは結果的に勝率を下げることにつながってしまいます。

正しいプレイを続けていくことが、結果的に勝率を高めることにつながることは間違いないのないことです。そのためには、自分で何をしなければならないのか、どのようなプレイが最も勝率の高いことなのか、よく考えてぜひゲームを楽しんでみてください。

テキサスホールディムでの常勝法 ~世界で一番人気のあるポーカー・テキサスホールディムで安定して勝つための戦略とは!?~

テキサスホールディムは高度な数学の確率論を駆使した、勝負技術と、相手のプレイスタイルを見破る「プレイヤーノート」の技術、そして心理戦を駆使することによって勝利をつかむことができます。まずは『習うより慣れろ』で勝負どころ、自分のプレイスタイルを確立させ、そこからいかに勝利するかを導くようにしましょう。

ポーカーは基本的によいハンドで勝負

 

テキサスホールディムに限らず、ポーカーで100回勝負して100連勝することは難しいゲームです。トッププロ同士であったとしても6割から7割程度の勝率を残せるようになれば、一流プレイヤーの仲間入りです。そのことを考えるのでしたら、いかに「長くプレイをして勝ち続けるか」ということを意識するべきです。

これがポーカーでいう「テキサスホールディム」の常勝の方法に近づいていくことになります。いかに安定して勝利するのか、がポイントになると考えると、やはり「平均よりもよいハンド」で勝負することが常勝のポイントです。

テキサスホールディムでは、最初に配られるハンドで、ある程度の自分の手の強さが分かる目安があります。勝率が83パーセントある「AA」のハンドは通称、エーシィーズ、もしくはエースポケットと呼ばれ、このときには全てのチップを賭けるオールインであったとしても勝負するべきハンドとされています。

ゲームの特徴として、最初に配られるハンド「プリフロップ」のカードは2枚しかないため、2枚そろっているペア(ポケットハンド)で絵札のハンドはとても強いカードになります。しかし、ここで油断してはいけないのは、相手にもある程度の強さのハンドが入っている可能性がある、ということです。もし、相手にある程度の強さのハンドの強さがある場合、コールしてくる可能性があるため、そのときには相手がブラフでなければ、相当程度の強さのハンドが入っていると読むべきです。ここからは相手のプレイスタイルと、自分のプレイスタイルの勝負になります。

 

相手のプレイヤーノートを読む

 

ポーカーで勝つためには、常に相手との勝負、どのようなプレイスタイルで、自分をどのようなプレイヤーであると相手が認識しているのかを知る必要があります。この点を十分に意識していないと、オッズだけに頼ることになり、常勝とまではいえません。テキサスホールディムの醍醐味、そして常勝するためには「相手に見えない」というブラインドのハンドの部分をどこまで活用できるのか、ということにあります。

相手がどのように考え、何を重視するプレイヤーであるのか、推し量る目安の一つに相手のプレイスタイルを見抜き、その上で勝負する方法があります。これは「プレイヤー・ノート」を知る上で大きな武器であり、常勝する上で必要な大きなテクニックとなります。また、相手のテキサスホールディムへの理解度が分かれば、さらに相手の心理を逆用したプレイスタイルの「ミスリード」させる方法も身につけます。こちらは、さらに高度な戦いになりますが、それだけ、オールインとなった勝負では賭け金が大きいだけに、一戦の勝負の重さは、落とすことができない勝負となります。

 

プレイの数をこなして実戦経験を学ぶ

 

テキサスホールディムで強くなるため、常勝のための最短の道筋は、まずはハンドの強さのレンジ(強さの目安)をある程度知り、どのときにどのようなスタイルで勝負すればいいのかをある程度、自分で身につけることにあります。ある程度、自分のハンドの強さを理解できるようになれば、勝負するべきときに動揺せず、素直にベッティングできるようになります。

そのためには、どのようなケースでどのように振舞えばよいのか、正しい認識とオッズ、相手のプレイヤーノートを自然に理解できるレベルまで上達しなければなりません。幸い、テキサスホールディムを学ぶのであれば、無料のオンラインポーカーサイトが多くありますので、ぜひチャレンジしてみてください。